コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタニティ・ブルー(ズ) またにてぃぶる−(ず)

1件 の用語解説(マタニティ・ブルー(ズ)の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

またにてぃぶる−(ず)【マタニティ・ブルー(ズ)】

出産直後から数日後までの一時的な気分の変調で、約25-30%の人が経験するといわれます。イライラする、ちょっとしたことで涙が出る、気分が変わりやすいなど。不安や緊張、集中力の低下、疲労感や食欲不振、頭痛、夢をよく見るなどを訴える人もいます。でも、これは一時のこと。2週間くらいで自然に落ち着いてくるし、特に治療も必要ありません。でも、中には「産後うつ病」を発症する人もいるので、2週間以上たっても心身の変調がおさまらない、症状が強いなどの場合は医師(お産を扱ってくれた主治医精神科医心療内科医など)や助産師・保健師に相談してください。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタニティ・ブルー(ズ)の関連キーワード産神一時的産婦時分の花妊産婦不快産立ちの祝躁鬱質ファッド初乳 (colostrum)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone