コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカゼソウ(松風草) マツカゼソウBoenninghausenia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカゼソウ(松風草)
マツカゼソウ
Boenninghausenia japonica

ミカン科の多年草関東地方より西の本州と四国,九州の山地の林内や樹陰に生える。茎は円柱状で高さ 40~80cmになり,粉白を帯びた緑色をしている。葉は3回3出の羽状複葉で透明な油点があり,香気がある。小葉倒卵形で全縁,先は丸い。夏に円錐花序を頂生し,白色の小花を多数つける。萼と花弁は4個でともに長楕円形,花弁は長さ 4cmほどあるが萼片ははるかに小さい。おしべは6~8本で長短があり,花の外にまで突き出す。子房には柄があり,蒴果は卵形の4分果に分れる。種子は暗褐色で表面に皺がある。同属の植物はもう1種だけインドから中国にかけて知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マツカゼソウ【マツカゼソウ(松風草) Boenninghausenia albiflora (Hook.) Rchb.ex Meiss.】

山地の林縁とくに石灰岩地帯に見られるミカン科の強烈な臭いを有する多年草で,1属1種である(イラスト)。高さ50~80cmに達する。基部は通常,木質化するが,若枝は柔らかく髄は大きい。葉は互生し,2~3回羽状複葉で毛がない。小葉は薄い紙質または膜質で倒卵形または楕円形,長さ1~2cm,先端は円く,基部はくさび形,ふちに鋸歯はなく,裏面は灰緑色で腺点が散在する。秋,枝先に集散花序を出し,多数の白色の小花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android