コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカゼソウ

2件 の用語解説(マツカゼソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マツカゼソウ

ミカン科の多年草。本州〜九州,東アジアの山地にはえ,石灰岩地によく見られる。茎は直立して分枝し,高さ60cm内外,葉は3出状に2〜3回裂け,小葉は倒卵形で柔らかく,油点があって一種のかおりがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカゼソウ
まつかぜそう / 松風草
[学]Boenninghausenia japonica Nakai

ミカン科の多年草。高さ40~80センチメートル、上方で分枝する。葉は2~3回3出羽状複葉で、5~10センチメートルの柄がある。小葉は倒卵形で先は丸く、質は薄く無毛、油点が散在し、香りがある。8~10月、茎頂に円錐(えんすい)花序をつくり、白色の小花を開く。萼片(がくへん)は長さ約1ミリメートル、基部は癒合する。花弁は4枚、長楕円(ちょうだえん)形で長さ3~4ミリメートル。雄しべは6~8本、花弁より長い。子房は4室で、4裂し、長柄がある。日本の特産種で、山地の林内に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。近縁種1種が中国からヒマラヤに分布する。名は、草姿が優しく、松風になびく花に例えたものといわれる。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツカゼソウの関連キーワードアケビツワブキヨモギ高麗芝アジアンポップスオニユリフキヤマゴボウヨメナエヒメアヤメ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone