コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニサレス Manizales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニサレス
Manizales

コロンビア中西部,カルダス州の州都。首都ボゴタの西北西約 160km,アンデスの中部山脈西斜面にあり,標高約 2126m。周辺を見おろす小高い地点に位置するため,市の灰色の大聖堂は四方から遠望される。 1848年建設の比較的新しい町であるが,現在同国で最も重要なコーヒー栽培地帯の中心地となっている。市内にはコーヒー焙煎工場のほか,セメント,農業機械,製糸,織物,皮革製品などの工場がある。カルダス大学 (1950) 所在地。首都ボゴタと同国第2の都市メデリンを結ぶ幹線道路に沿いそのほぼ中間地点に位置し,またカリとメデリンを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線が通じる。人口 28万 1912 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マニサレス(Manizales)

コロンビア中西部、カルダス県の都市。コルディエラセントラル山脈の西麓、カウカ川中流部の高原盆地に位置する。同国を代表するコーヒー産地の一つで、19世紀半ばに集散地として建設された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マニサレス

コロンビア中西部の都市。標高約2000mのカウカ川岸に位置する。コーヒー栽培地域の中心で,製材,繊維,食品加工業も発展。冬季スポーツの中心地。1848年創設。38万1752人(2006)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マニサレス【Manizales】

コロンビア中西部,カルダス県の県都。人口33万5125(1995)。セントラル山脈西側,標高2150mのカウカ河岸にコーヒー・ブームのさなかの1848年,その集散地としてアンティオキア地域からの植民者によって創設された。元来集散地としての商業的機能が主であったが,コーヒー生産者が資本を投下して製材,繊維などの産業を興した。現在ではそのほかに,鉱業,畜産業,食品加工業などが発展している。冬季スポーツの中心地ともなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニサレス
まにされす
Manizales

南アメリカ北西部、コロンビア中西部、カルダス県の県都。カウカ川中流部、セントラル山脈西斜面の高原盆地の標高2150メートルに位置する。人口36万1965(1999)。1848年、コーヒー・ブームのなかで集散地として創立された近代都市で、織物、ビール、靴などの工場もあり、近くに金、銀、水銀の鉱山がある。住宅が山の斜面に階段状に建ち並び、碁盤目状の街路には花が咲き乱れ、「花の町」の異名がある。1979年の震災以降、郊外が急に発展し始めた。1月にコーヒー祭が催される。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マニサレスの関連キーワードサンタロサデカバルコーヒー三角地帯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android