マネシツグミ(英語表記)Mimus polyglottos; northern mockingbird

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マネシツグミ
Mimus polyglottos; northern mockingbird

スズメ目マネシツグミ科。全長 20.5~28cm。頭上から背,は灰色で,翼には白帯がある。喉から腹は白色。風切は黒く,尾羽は外側の数対が白く,ほかは黒色。200種以上の鳥のほかネコ,イヌなどの動物の鳴き声,車の警笛などの機械音をまね,それらを組み合わせてさえずることが知られている(→さえずり)。これは雌雄とも行なう。北アメリカの中部以南,メキシコ西インド諸島に分布する。マネシツグミ科 Mimidaeは約 30種からなり,全長 20~30cm。体のわりに翼は短く,尾羽は長めである。羽色は特に派手なものはなく,褐色や灰色のものが多い。一部の種はほかの鳥や動物の鳴き声,無生物の音をまねる。南北アメリカ大陸,西インド諸島とガラパゴス諸島に分布する。市街地の公園や庭園の林,農耕地,疎林などに生息するが,高地の草原や熱帯雨林にすむ種もいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マネシツグミ
まねしつぐみ

広義には鳥綱スズメ目マネシツグミ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの一種をさす。この科Mimidaeには30種が知られ、英名をthrasher(ツグミモドキ属)、mockingbird(マネシツグミ属など)という仲間が含まれる。北アメリカから南アメリカにかけて分布し、北部のものを除くと留鳥である。全長20~30センチメートル。いずれも美声であるうえ、他の動物や鳥、物音などをまねることが巧みなのでこの名がある。ツグミに近似で、大形ミソサザイにも似ており、その中間の形をし、尾が長めである。
 種のマネシツグミMimus polyglottosは、北アメリカ南部、メキシコなどに分布し、森林、庭、農園など木の茂った所にすむ。他の動物の声や物音を実によくまねる。全長27センチメートル。背面は灰色で、下面は白色をしている。翼と尾に白い斑点(はんてん)がある。昆虫類のほか、果実もよく食べる。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android