コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバリプラム Mahābalipuram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーバリプラム
Mahābalipuram

インド,タミルナードゥ州北東部のベンガル湾に面した町。別名セブンパゴダ Seven Pagodas。ヒンドゥー教の聖地として知られ,五つのラタ (堂) ,海岸寺院,ガネーシャ・ラタなどヒンドゥー教ドラビダ型建築の初期を飾る代表的遺構が多い。特に五つのラタ,ガネーシャ・ラタは岩石の塊を内外より彫り出して,独立した堂を築いている点で注目される。また五つのラタの北方に露出した花崗岩の岩壁には高さ 9m,幅 18mに及ぶみごとな浮彫がある。 1984年これらの建造物群が世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マハーバリプラム(Mahabalipuram)

インド南部、タミルナドゥ州の町。州都チェンナイの南約60キロメートルに位置し、ベンガル湾に面する。7世紀頃からパッラバ朝の交易の要地として栄え、屋根や壁面に浮き彫りを施されたヒンズー教の石造寺院が多数建造された。中世南インドの建築や彫刻を知る貴重な作例として知られ、1984年に「マハーバリプラムの建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。古名マーマッラプラム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マハーバリプラム

インド南部,タミル・ナードゥ州マドラスの南56kmにある町。7−9世紀に栄えたパッラバ朝の港町で,ヒンドゥー教の遺跡がある。海岸に8世紀初頭に切り石を積み上げて築いた海岸寺院が2つ並んで建つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マハーバリプラム【Mahābalipuram】

インド南部,タミル・ナードゥ州マドラスの南56kmにあるパッラバ朝の代表的ヒンドゥー教遺跡。かつては貿易港として栄えた海岸沿いの花コウ岩台地に,10余りの石窟九つの岩石寺院,さらに石積寺院や磨崖彫刻も残っている。石窟はいずれも小規模であるが,バラーハ・マンダパVarāha‐Maṇḍapa,マヒシャマルディニー・マンダパMahiśamardinī‐Maṇḍapa,トリムールティ窟,アーディ・バラーハ窟は建築,彫刻ともに傑出している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハーバリプラム
まはーばりぷらむ
Mahbalipuram

インド南部にあるパッラバ朝の代表的ヒンドゥー教遺跡。タミル・ナド州チェンナイ(マドラス)から南へ56キロメートルの、ベンガル湾に面した海岸にある。この地方は古くから商業・貿易の中心であったが、海岸に東西2.5キロメートルにわたり高さ約30メートルの花崗(かこう)岩の丘があり、それを中心に多くの石窟(せっくつ)、岩石寺院、岩壁彫刻、石積み式の海岸寺院がある。石窟の代表的なものはバラーハ・マンダパ(マンダパはインド建築用語で列柱・広間のある寺院をさす)、マヒシャマルディニー・マンダパ、トリムールティ窟、アーディ・バラーハ窟である。岩石寺院はこの地方ではラタ(車)とよばれ、『マハーバーラタ』の主人公の名をとった五つのラタや、ガネーシャ・ラタなどが岩から彫り出されており、南インドの木造建築の型を伝えている。それらの大岩壁には数々のヒンドゥー教神話が浮彫りされ、群像の構成、律動感に特色がある。いずれも7世紀中葉から8世紀初期の建造で、南インド建築・彫刻を知るうえに欠かせない遺跡である。これら建造物群は1984年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマハーバリプラムの言及

【ディエン高地】より

…その少し南にさらに2棟の小堂(ガトットカチャ,ビマ)があり,北にダラバティと呼ばれる小堂がある。これらの堂の名称は叙事詩《マハーバーラタ》からとられ,建築技術とともに南インドのパッラバ朝のマハーバリプラムあたりから移入したものと思われる。多くの堂の平面は4m内外の正方形の主室に入口と階段突出部の付いた凸字形である。…

※「マハーバリプラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マハーバリプラムの関連キーワードマヘーンドラバルマン[1世]カイラーサナータル寺院ティルカリクンドラムヒンドゥー教美術マハーバーラタインド建築インド美術石窟寺院ビシュヌ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android