コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフムード マフムード Maḥmūd b. Subktigīn Yamīn al-Dawla, Abū al-Oāsim

3件 の用語解説(マフムードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフムード
マフムード
Maḥmūd b. Subktigīn Yamīn al-Dawla, Abū al-Oāsim

[生]970.11.13.
[没]1030.3.
アフガニスタンガズニー朝第7代の王 (在位 998~1030) 。弟のイスマーイール (在位 997~998) を倒して王位につき,主家のサーマン朝と絶縁し,17回にわたり北インドに侵入。中央アジアカラハン朝と戦い,北はアラル海から南はインド洋,西はカスピ海から東は北インドに及ぶ大国を樹立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マフムード【Maḥmūd】

971‐1030
ガズナ朝最盛期の君主。在位998‐1030年。自らスルタンと号したので,一般にはスルタン・マフムードの名で知られるが,これはカリフから公認された称号ではなく,公式にはアミールの地位にあった。ヤミーン・アッダウラYamīn al‐Dawla(王朝の右腕)とも呼ばれる。十数度のインド遠征によって,インドのイスラム化への道を開き,カラ・ハーン朝ブワイフ朝から領土を奪って,最大の版図を実現。首都ガズナを整備し,文人の保護にも尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マフムード
まふむーど
Mamd
(971―1030)

アフガニスタン、ガズナ朝の最盛期の君主(在位998~1030)。父サブクティギーンの死後、弟イスマーイールを倒して権力を握った。自らスルタンと号したので、一般にスルタン・マフムードとして知られているが、公的にはあくまでもアッバース朝カリフによって任命されたアミール(総督)の地位にあった。また、ヤミーヌ・アッダウラ(王朝の右手)ともよばれていた。軍隊を整備し、治世の大半を遠征で過ごし、領土の拡大に努めた。東方ではカラ・ハン朝、西方ではブワイフ朝から領土を奪取し、サッファール朝をも服属させた。とくに重要なのは11世紀初頭より十数回に及んだインド遠征で、なかでも1026年のソムナート寺院の偶像破壊は、インドのイスラム化のうえで象徴的な事件であった。彼の最大の失政は、辺境の守備軍としてセルジューク勢力を導入したことで、息子マスウードの代にホラサーンを失う原因となった。27年インド遠征で病を得、激務を続けながら没した。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマフムードの言及

【ガズナ朝】より

サーマーン朝のトルコ人マムルーク(奴隷軍人),アルプティギーンは逃亡してアフガニスタンのガズナの実質的な支配者となり,以後マムルークたちが次々に権力を握った。サブクティギーン以降は世襲となり,インドへの侵入を開始,その子マフムードは遠くソムナートまで遠征してヒンドゥー教寺院を破壊し,イスラムの擁護者としての名声を得るとともに,多数の略奪品を得た。彼の時代が最盛期で,その版図は,イラン中央部からホラズム,パンジャーブにまで達した。…

【ペルシア文学】より

…10世紀後半に先駆的詩人ダキーキーの後を継いで,イラン建国からササン朝滅亡に至る神話,伝説,歴史をテーマに作詩に着手し,30余年をかけて約6万句に及ぶ大民族叙事詩《シャー・ナーメ(王書)》を完成させたのがイラン最大の民族詩人フィルドゥーシーである。 11世紀初頭から13世紀にかけてトルコ系ガズナ朝,セルジューク朝の支配が続いたとはいえ,これらの王朝も文化的には完全にイラン化してサーマーン朝以来の伝統的文化政策を踏襲したため,異民族王朝支配下においてもペルシア詩は隆盛の一途をたどり,11世紀前半ガズナ朝スルタン,マフムードの宮廷には400人ものペルシア宮廷詩人が仕えていたといわれ,桂冠詩人の制度が設けられ,ウンスリー‘Unṣurī,ファッルヒーFarrukhī,マヌーチフリーManūchihrīらの頌詩詩人が活躍し,ペルシア古典詩の主流になった〈ホラーサーン・スタイル〉を確立し,アラビア語彙を多く採り入れて表現をさらに豊かにした。11世紀後半から12世紀前半にかけてのセルジューク朝支配時代にはペルシア詩は質量ともに最高潮に達し,宮廷詩人としてはムイッジーMu‘izzīをはじめ,頌詩の最高詩人アンワリーが現れた。…

※「マフムード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マフムードの関連キーワードアルプティギーンアンガズニー朝ビールーニー最盛期祖宗万乗の君アブドアッラフマーンガズナ朝ガズナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マフムードの関連情報