コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメゾウムシ(豆象虫) マメゾウムシ

世界大百科事典 第2版の解説

マメゾウムシ【マメゾウムシ(豆象虫)】

甲虫目マメゾウ科Bruchidaeの昆虫の総称。世界から1400種近くが知られるが,アジア,アフリカ,中央~南アメリカの熱帯に多くの種類が分布する。日本からはこれまでに23種が記録されている。幼虫の寄主植物として24科,400種が知られるが,その名のようにマメ科の植物の種子に寄生するものが多い。また約20種が食用マメ類を加害する。英名でもseed beetle,legume seed weevil,pulse beetleなどと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マメゾウムシ(豆象虫)の関連キーワードマメゾウムシ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android