コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメゾウムシ(豆象虫) マメゾウムシ

世界大百科事典 第2版の解説

マメゾウムシ【マメゾウムシ(豆象虫)】

甲虫目マメゾウ科Bruchidaeの昆虫の総称。世界から1400種近くが知られるが,アジア,アフリカ,中央~南アメリカの熱帯に多くの種類が分布する。日本からはこれまでに23種が記録されている。幼虫の寄主植物として24科,400種が知られるが,その名のようにマメ科の植物の種子に寄生するものが多い。また約20種が食用マメ類を加害する。英名でもseed beetle,legume seed weevil,pulse beetleなどと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マメゾウムシ(豆象虫)の関連キーワードマメゾウムシ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android