コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラニョン マラニョン Marañón, Gregorio

2件 の用語解説(マラニョンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラニョン
マラニョン
Marañón, Gregorio

[生]1887. マドリード
[没]1960. マドリード
スペインの医学者,作家。専門の内分泌関係の著作のほか,『オリバレス公伯爵』 El conde-duque de Olivares (1936) ,『ドン・フアン』 Don Juan (40) ,『グレコトレド』 El Greco y Toledo (57) などの評論がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マラニョン【Gregorio Marañón】

1887‐1960
スペインの医者,著述家。内分泌学が専門で,医学的著書のほか,歴史上の人物の伝記,政治・社会を主題にした著書が多い。おもなものに《スペインの根と徳性》(1933),《エンリケ4世》(1934),《オリバレス伯公爵》(1936),《アントニオペレス》(1947),《エル・グレコとトレド》(1957)などがあるが,穏健で道徳的な取組みと自由主義的観点が特徴的である。彼はまたプリモ・デ・リベラの独裁に反対して熱烈な共和国主義者となり,1930年には反王政署名に名を連ね,自宅で共和政樹立の討議を重ねた(1931年4月)が,しだいに政治から離れ,内戦勃発以後43年までフランスに亡命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラニョンの関連キーワード内分泌著述家組曲「スペイン」スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集内臓摘出内分泌異常竹脇潔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マラニョンの関連情報