マラリア原虫(読み)マラリアげんちゅう(英語表記)plasmodium

  • malarial parasites

翻訳|plasmodium

百科事典マイペディアの解説

種虫綱に属する寄生原虫。マラリアの病原体で,ヒトには三日熱・四日熱・熱帯熱・卵形の各マラリア原虫が寄生する。ハマダラカが媒介。発育環は複雑で,人体内では,初め細網内皮系などで,次いで血液中で赤血球に寄生と破壊を繰り返しつつ,無性分裂生殖でふえ,カの体内では有性生殖でふえる。
→関連項目寄生虫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アピコンプレックス門・胞子虫綱・コクシジウム亜綱・真コクシジウム目・住血胞子虫亜目に属する一群の単細胞動物(原生動物)で、宿主特異性の高い固有種がヒト、サル、ネズミ、鳥類に寄生してマラリアの病原となる。ヒトには三日熱マラリア原虫P. vivax、四日熱マラリア原虫P. malariae、卵型(らんけい)マラリア原虫P. ovale、熱帯熱マラリア原虫P. falciparumの4種のヒトマラリア原虫と、きわめてまれにサルマラリア原虫の特定種が感染する。これらの原虫の生活史は複雑であるが、ヒトの肝細胞内と赤血球内では無性生殖(多数分裂)を行い、媒介昆虫のハマダラカ体内では有性生殖(胞子形成)と無性生殖を営むため、動物学的にはヒトは中間宿主、カは終宿主となる。

 感染は、媒介するカの刺咬(しこう)(吸血)時に唾液腺(だえきせん)内のスポロゾイト(胞子小体)が注入されて成立する。このスポロゾイトは血行性に肝細胞に達し、無性的な増殖による赤外(赤血球外)型発育を1、2回繰り返すと初めて赤血球に侵入可能な赤外期のメロゾイト(分裂小体)となり、一定周期の無性的な赤内(赤血球内)型発育を反復するごとに赤血球を破壊する。すなわち、赤外型発育によって形成された多数のメロゾイトの一部は、ふたたび他の肝細胞に入ってメロゾイト形成を繰り返すが、他の大多数は赤血球内に侵入して赤内型発育を行い、その中で多数のメロゾイトを形成する。やがてこれらは赤血球を破壊して血中に出て、それぞれ新赤血球に侵入して同様の増殖を繰り返す。この赤血球破壊時に宿主は40℃以上の高熱を発する。また、この増殖周期は原虫の種類によって異なり、診断上重要視される。なお、三日熱・卵型マラリア原虫の赤外型は、赤内型出現後も第二次赤外型を形成して前述のように肝細胞内に長期間残留するが、熱帯熱ならびに四日熱マラリア原虫にはこの発育環はみられない。なお、近年スポロゾイトが肝細胞内に侵入したとき、そこで休眠するもののあることが知られ、ヒプノゾイト(休眠原虫)というが、これらが三日熱や卵型マラリアにみられる再発の原因となる発育段階であると考えられるようになっている。

 前述の無性的な赤内型発育を繰り返すうちにメロゾイトの一部は有性生殖期に入り、赤血球内でガメートサイト(生殖母体)に移行する。このガメートサイトがハマダラカの吸血によって摂取されると、その消化管内で雌雄のガメート(生殖体)になり、両者が合体してザイゴート(受精体)、さらに運動性を有するオーキネート(虫様体)になる。このオーキネートは中腸壁を穿通(せんつう)し、漿膜(しょうまく)下に定着してオーシスト(胞嚢(ほうのう)体)に発育し、内部に多数のスポロゾイトを形成するが、やがてオーシストが破れると、体腔(たいこう)に放出されたスポロゾイトはカの唾液腺に移行し、そこで発育して感染性を有するようになる。

 なお、マラリア原虫は、ヒトを含めた哺乳(ほにゅう)類、鳥類、爬虫(はちゅう)類などを中間宿主に、カ類(ハマダラカ属Anophelesやイエカ属Culexなど)を終宿主として、前述のような複雑な生活史をたどるが、ヒト以外の動物を中間宿主とするマラリア原虫には、サルのP. cynomolgiP. inui、ネズミのP. berghei、ニワトリのP. gallinaceumP. juxtanucleareなどがみられる。

[大友弘士・小山 力]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマラリア原虫の言及

【胞子虫】より

… 有性生殖で接合子から生じた胞子の形態などでグレガリナ,肉胞子虫,微胞子虫など,いくつかの群にわけている。マラリア原虫Plasmodiumはハマダラカによって媒介され,人体の赤血球に入った種虫は複分裂増員を行って娘虫が赤血球外にでるとき高熱を発する。このほかにトキソプラズマ症を起こすトキソプラズマToxoplasma gondii,ニワトリのコクシジウム症のエイメリアEimeria,カイコの微粒子病のNosemaなど多くの種類がある。…

【マラリア】より

…そのほか肝臓と脾臓の腫張が起こる。病原体は熱帯熱マラリア原虫,三日熱マラリア原虫,卵形マラリア原虫および四日熱マラリア原虫の4種類がある。発熱をおもな徴候とする病気であり,各原虫により特徴的な発熱発作がある。…

※「マラリア原虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マラリア原虫の関連情報