コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア論 マリアろんMariology

世界大百科事典 第2版の解説

マリアろん【マリア論 Mariology】

カトリック神学の一部門。イエス・キリストの母マリアの役割を,キリストの受肉(神であるキリストが人間になること)と人類の罪の贖いと救済のなかで神学的に規定し,その意義をきわめようとするもの。この部門はいくつかの教会によって決定・定義された教義を出発点にして,マリアの役割をさらにくわしく解明し,その教義を展開する。扱われる主題は,マリアが神の母であること,母であるが処女であったとするマリアの処女性,彼女から生まれるキリストの恵みを先取りする形で,マリアはその誕生のさい原罪のけがれをまぬかれたとする無原罪のやどり,地上の生涯の後マリアは霊魂と身体とも天の栄光にあげられたとする被昇天などである(後の二つはそれぞれ1854年,1950年に教義決定宣言がなされた)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マリア論の関連キーワードヤコブス・デ・ウォラギネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android