マリー・バード・ランド(読み)マリーバードランド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリー・バード・ランド
まりーばーどらんど
Marie Byrd Land

南極大陸の西経約110度から150度の間の西南極氷床一帯の陸地。西はロス棚氷(たなごおり)と白瀬海岸やサイプル海岸で接し、東はロス棚氷の最南部とエイツ海岸とを結ぶ線で境されてエルズワース・ランドに接する。1929年にアメリカのバードがこの地域の北西部を偵察し、妻の名をつけた。沿岸は密流氷が多く接岸は困難であるが、南緯74度46分、西経136度51分の海岸にロシアの基地がある。どの国も領土権を主張していない。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android