コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無主地 ムシュチ

デジタル大辞泉の解説

むしゅ‐ち【無主地】

所有者が定まっていない土地。また、どの国にも領有されていない土地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むしゅち【無主地】

特定の領主あるいは年貢負担者の定まらない土地。律令国家においては,山野河海は公私共利の地であり,無主地であった。ところが,11世紀中葉以降荘園制的な領域支配が展開し,鳥羽院政期になると,山野河海も荘園の構成要素として把握されるに至った。そのため,無主の荒野(こうや)などが立券され,荘園にくみ入れられることも多くみられた。そして,国衙や荘園領主は,支配領域内の山手(やまて)・河手(かわて)を徴収するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

無主地の関連キーワード東部グリーンランド事件マリーバードランドセクター主義マボ判決アイヌ所有者植民地間田公空国境領土先占

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android