コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルキアヌス マルキアヌスMarcianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルキアヌス
Marcianus

[生]396. トラキア
[没]457. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 450~457) 。軍人出身。テオドシウス2世の死後,宮廷の実力者アスパルテオドシウスの姉プルケリアの推挙により即位。正統性維持のためプルケリアと結婚,テオドシウス朝最後の皇帝となった。対外的には和平政策をとり,内政的にも平和な治世であった。その最大の業績はカルケドンの第4回公会議の開催である。キリスト単性説およびネストリウス派を異端として退け,会議の決議第 28条ではローマ教皇の名誉上の首位権は認めるが,その他の点ではローマコンスタンチノープル大司教はまったく平等の地位にあることを決定した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルキアヌス【Marcianus】

392‐457
ローマ帝国東帝。在位450‐457年。兵士の息子としてトラキアかイリュリクムに生まれ,自らも軍隊に入り421年ペルシア戦争に参加。その後アルダブリウス,アスパル父子に副官として仕え,431年のアフリカ遠征にも同行して一時バンダルの捕虜となった。450年テオドシウス2世の死後,アスパルによって東帝位に擁立され,先帝姉プルケリアと結婚。アッティラに対しては貢納金支払い停止など強硬策を採り,アッティラ死後はフンに服属していた諸族を帝国領内に移住させ,東ゴートとゲピダエ族はこれを同盟部族とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルキアヌス
まるきあぬす
Marcianus
(396―457)

ビザンティン皇帝(在位450~457)。元テオドシウス2世治下の宰相アスパー麾下(きか)の将校で、同帝の没後その姉プルケリアと結婚して即位。その治政下は内外ともに平穏であった。彼の最大の業績は第4回公会議(451)をカルケドンに招集したことにある。この会議では、キリスト単性説とネストリウス派を異端として退け、5世紀前半の正統・異端論争で主流を占めたアレクサンドリア派、アンティオキア派に対し、首都のコンスタンティノープル派が優位にたった。また、議決第28条ではコンスタンティノープルの総主教とローマ教皇は法律上同等の地位を有すること、ただしローマ教皇には名誉上の首位権が認められること、の2点が定められた。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルキアヌスの関連キーワードマルキアヌスレオ文侯[戦国魏]慕容垂アウグスティヌス(神学者)文侯サンクトペテルブルク県内の被爆者ロック・フィールド上蒲刈島

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone