コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルケサス諸島 マルケサスショトウ

3件 の用語解説(マルケサス諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルケサス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【マルケサス諸島】

Marquesas》南太平洋、ポリネシア東部の火山島群。ヒバオア島ヌクヒバ島をはじめ、12の島からなり、1842年以降フランス領。コプラバニラなどを産する。フランス語マルキーズ諸島
[補説]この諸島のヒバオア島で1903年にゴーギャンが没した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルケサス諸島
マルケサスしょとう

マルキーズ諸島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルケサス諸島
まるけさすしょとう
Marquesas Islands

太平洋フランス領ポリネシアを形成する諸島のうち、最北部を占める島々。フランス語名マルキーズ諸島les Marquises。「マルケサス」は英語名。12の島からなる。ウアフカUahuka島(別名ワシントンWashington島)、ヌクヒバNukuhiva島、ウアポウUapou島、エイアオEiao島、ハツツHatutu島などの北島群と、ヒバ・オア島、ファツヒバFatuhiva島、タフアタTahuata島、モホタニMohotani島などの南島群に分けられる。全陸地面積の合計1049平方キロメートル、総人口8064(1996)。最高峰はヒバ・オア島のテメティウTemetiu山(1200メートル)だが、同島のヘアニHeani山(1072メートル)は行政中心地アツオナAtuonaの背後にそびえる山としてよく知られている。なお、この付近は南アメリカ西岸から北流するペルー海流の影響でサンゴ礁の発達は妨げられている。火山性の肥沃(ひよく)な土壌と熱帯の多量の雨により農業が盛んで、コプラ、バニラ、バナナを産出する。名称は、1595年ペルーからここにやってきたスペインの航海者メンダーニアが、ペルー総督夫人マルケス・デ・メンドーサにちなんで命名した。[大島襄二]

住民

人種的にも文化的にもポリネシア系に属す。紀元ごろに西ポリネシア、おそらくはサモアから移住してきたと考えられている。山がちで平地がほとんどなく、かつて人々は谷間に集落をつくって住んでいた。主としてパンノキ、ほかにバナナ、いも類などの焼畑耕作を営み、緩やかな階層制に基づく社会を維持していた。集落間の戦闘もしばしばで、人身供犠(くぎ)や食人の風習があった。太平洋地域には珍しい一妻多夫の婚姻制度をもち、これを維持するために女児の嬰児(えいじ)殺しを行っていたという報告は有名である。またいれずみがたいそう発達し、男子は全身くまなくこれを施した。19世紀初頭には8万人と推定されていた人口がヨーロッパ人との接触により急激に減少し、1926年には2000人余りとなったが、1962年には5000人弱、88年には7400人と回復してきた。著しい人口減少を経た今日の社会は大きく変容し、ほとんどの人々がキリスト教徒となっている。[山本真鳥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルケサス諸島の関連キーワードスバ南太平洋委員会南太平洋FFAトライネシアFESPIC反逆の南太平洋《南太平洋》南太平洋経済協力機関南太平洋大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルケサス諸島の関連情報