マンサール(読み)まんさーる(英語表記)François Mansart

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンサール(Franois Mansart)
まんさーる
Franois Mansart
(1598―1666)

フランスの建築家。パリに生まれる。義兄のもとで修業したのちサロモン・ド・ブロッスに師事したといわれる。16世紀初頭のバロック様式に影響されるが、これを克服し、古典的モチーフをフランスのシャトー(城館)建築の伝統形式に調和させて、フランス古典主義建築の立役者となった。初期の傑作であるブロアのシャトーのガストン・オルレアン翼屋(1638)では、中央部の凱旋(がいせん)門モチーフなど古典様式を採用しながら、建築体の構成やプロポーションに明晰(めいせき)、簡潔、そして優雅といったフランス固有の感覚をよく生かしている。代表作とみなされるメゾン・シュル・セース(1651、現在のメゾン・ラフィット)の外観にはバロックの影響が否めないが、勾配(こうばい)の急な屋根や煙突の多用によってフランス建築の伝統様式が確保されている。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android