マンモン(英語表記)Mammon; Mamōnas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンモン
Mammon; Mamōnas

キリスト教用語。地上のに対するよこしまな欲望の人格化されたものをさす。富を意味するアラム語のマーモーナに由来するといわれる。旧約聖書には用例はなく,新約聖書でも『マタイによる福音書』6章 24にイエスの言葉として「神と富 (マンモン) とに兼ね仕えることはできない」とあるほか,イエスの言葉としてのみわずかな用例がみられるだけである。のちのキリスト教文学などでは,人間を堕落させる巨大な富の力の権化として広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マンモン

アラム語に由来する語で,不正な金銭,富の意味。新約聖書では悪しき金銭,召命を妨げる財産の意で用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンモン【mammon】

旧約聖書と新約聖書の間のいわゆる〈中間時代〉のユダヤ教で,不正なやり方で獲得された利益,収賄金,倫理的に疑わしい財産を意味する語。元来アラム語であるがその正確な語源は不詳で,一説によれば,語幹amanから派生し,〈人がより頼むもの〉の意とされる。福音書――とくに《ルカによる福音書》――のイエス伝承では,不正に獲得または使用される金ばかりではなく,人間を逆さに縛りつけ,神の招きを拒絶せしめる障害となる財産そのものをも指す(《ルカによる福音書》12:15以下など)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

マンモン

〘名〙 (mammon)⸨マモン⸩
① 悪の根源と見たてた、富、財宝
② 富と強欲の偶像としての財宝の神。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android