マーセリゼーション

百科事典マイペディアの解説

マーセリゼーション

綿糸・綿織物に絹のような光沢を与える加工。綿繊維を水酸化ナトリウム水溶液に浸すと,長さが縮まり太くなると同時に透明化してくるが,縮みを防ぎつつ処理すると,繊維がひきしまって乱反射性が低下し,絹のような光沢と感触を生じ,強さも増す。1844年英国のマーサーJohn Mercerがこの原理を発見,名は彼にちなむ。主として高級綿織物や絹綿交織品に適用され,レーヨンの風合改善のためにも行われる。この加工を施した製品をシルケットと呼ぶ。
→関連項目シルケットブロード・クロス綿織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マーセリゼーション【mercerization】

イギリスのマーサーJohn Mercer(1791‐1866)によって1844年に発明された繊維の加工法。マルセル化ともいう。彼は濃厚な水酸化ナトリウム水溶液に綿繊維を浸漬すると著しく膨潤し,長さ方向に収縮することを見いだした。その後,綿糸や綿布を緊張状態で水酸化ナトリウム水溶液で処理して水洗,乾燥すると絹様の光沢が得られることが見いだされ,工業的に行われるようになった。この加工をマーサーの名にちなみマーセリゼーションと呼び,日本ではシルケット加工と呼ばれることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーセリゼーションの言及

【シルケット加工】より

…綿糸または綿布を緊張下で水酸化ナトリウム濃厚溶液で処理したのち水洗することにより,絹様の光沢を得る加工法。日本では,19世紀末(明治30年ころ),この方法で加工した綿布が輸入され,シルク(絹)のような光沢があるという意味でこれをシルケットと呼んだところから,この加工法をシルケット加工と呼ぶようになったが,1844年にこの原理を発見したイギリスのマーサーJ.Mercerの名前をとって,マーセリゼーションmercerizationと呼ぶほうが国際的である。マーセリゼーション【坂本 宗仙】。…

【シルケット加工】より

…綿糸または綿布を緊張下で水酸化ナトリウム濃厚溶液で処理したのち水洗することにより,絹様の光沢を得る加工法。日本では,19世紀末(明治30年ころ),この方法で加工した綿布が輸入され,シルク(絹)のような光沢があるという意味でこれをシルケットと呼んだところから,この加工法をシルケット加工と呼ぶようになったが,1844年にこの原理を発見したイギリスのマーサーJ.Mercerの名前をとって,マーセリゼーションmercerizationと呼ぶほうが国際的である。マーセリゼーション【坂本 宗仙】。…

※「マーセリゼーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android