コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロネシア人 ミクロネシアじんMicronesian

翻訳|Micronesian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロネシア人
ミクロネシアじん
Micronesian

太平洋の赤道以北,マリアナ,カロリン,マーシャル,ギルバートの各諸島の住民。褐色の肌と短身,縮毛ないし波状毛をもつが,形質的特徴は島ごとにかなり異なる。おおむね根菜類やパンの木,バナナ,ココやしなどの栽培と漁労を組合せて行なっていること,一部の地方を除けば母系制をとること,階層分化が進行し,権力の性格に相違はあるが,全般的に首長制が存在していたことなどの共通点をもつが,一般にミクロネシアポリネシアほどの文化的一様性をもたないといわれる。たとえば,西部で使用していた土器を東部では知らず,代りにウム料理を行なっていたこと,ビンロウの実を噛む習慣は西部にのみみられること,またポナペ島,コスラエ島では,ポリネシア全般に好まれているカバという飲料を用いていることなどがあげられる。言語も地域ごとに存在するいくつもの言語をミクロネシア諸語として統括することはできず,インドネシア語派に属するもの,メラネシア語派に属するものなどがあり,またそのうちでもポリネシア語やパプア語の影響を強く受けているものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロネシアじん【ミクロネシア人 Micronesian】

西太平洋のミクロネシアの島々に住む人びと。低身長,やせ形,褐色の皮膚,薄い唇,黒髪,直毛などの身体的特徴から,人種上,モンゴロイドとみなされている。しかし変異も大きく,パラオ諸島とヤップ島の住民は黒色,縮毛ないし波状毛,広鼻などの特徴から,メラネシア人(オセアニック・ニグロイド)に近似する。言語も地域による差はあるが,いずれもアウストロネシア語族に属する。ミクロネシアの主要な栽培作物はタロイモ,パンノキココヤシで,ヤップ島とポナペ島ではヤムイモが加わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミクロネシア人の言及

【オセアニア】より

…身分制はまた,神話によっても合理化されていた。(4)ミクロネシア人 ミクロネシア人はモンゴロイド人種に属し,東部ほどポリネシア人に近く,西部ほどフィリピンもしくはインドネシア人に近い。中・東部カロリン諸島とマーシャル諸島およびギルバート諸島は,核ミクロネシアの名で総称され,これら諸島の言語はメラネシア諸語およびポリネシア諸語とともにアウストロネシア語族の東部群を構成する。…

※「ミクロネシア人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミクロネシア人の関連キーワードオーストロネシア系諸族ガダルカナル[島]ギルバート[諸島]ポリネシア[人]カロリン[諸島]ポリネシア人チューク諸島小笠原混血民マキン[島]タラワ[島]カロリン諸島長谷部言人地理的人種マードックキリバスツバルカナカギゾ島ナウル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android