コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミストラ Mistra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミストラ
Mistra

ギリシア南西部,ペロポニソス半島南部のスパルティ(→スパルタ)から南西約 5kmにあった,ビザンチン文化の繁栄した町。今日のミストラス。1261年フランク人により要塞として建設され,パレオロゴス朝が奪回してから 1460年までビザンチン帝国のモレア地方の行政,特に 14~15世紀初め頃は文化の中心となった。哲人ゲミストス・プレトンを中心にヘレニズム文化ビザンチン文化の再興が行なわれ,イタリア・ルネサンス(→ルネサンス)に影響を与えた芸術作品が数多く生み出された。1989年世界遺産文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミストラ(Mystras)

ギリシャ南部、ペロポネソス半島南部にある廃墟の町。13世紀初頭に十字軍の砦が築かれたのが始まりで、東ローマ帝国の支配の下に14~15世紀に最盛期を迎えた。山の斜面の最上部にカストロ山城)、中腹にゴシック風の宮殿邸宅、一番下に庶民の住宅や聖堂修道院が建てられていた。ビザンチン文化を代表する都市であったがオスマン帝国によって廃墟と化した。1989年に、世界遺産(文化遺産)に登録された。ミストラス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミストラ

ギリシア,ペロポネソス半島の南部にある中世の都市遺跡。1249年ギリシア南部アカイアの王子,ギュロウム・ド・ブレハウドインが標高600mの丘の上に城塞を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミストラ【Mistrá】

ギリシアのペロポネソス半島の中部にある中世の都市の遺構。ミストラスMistrásともいう。13世紀に,侵攻するスラブ人に対抗するために古代スパルタの西6kmに造られた城塞を中心に発達した町。フランク人,ビザンティン帝国,オスマン帝国など,支配者は転々と替わったが,つねにモレア(中世におけるペロポネソスの呼称)の重要な都市の一つであり,17世紀にはベネチアの支配のもとに絹を生産して繁栄の頂点に達し,人口は4万を超えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミストラ
みすとら
Mistra

ギリシアのビザンティン帝国時代の遺跡。1248/1249年にフランク人のアカイア公ギヨーム・ド・ビルアルドゥアンがここに砦(とりで)を築いた。1262年にミストラはビザンティン帝国に引き渡され、ペロポネソスの中心都市となった。パンタナッサ修道院をはじめ修道院群で名高く、パレオロゴス朝ルネサンスを代表する文化も生んだ。1460年以降は一時期を除きオスマン帝国(トルコ)に支配されていた。ギリシア独立(1830)後、スパルタの再興とともにミストラは事実上放棄された。この遺跡は1989年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミストラの関連キーワードアンドラーデ・J. カレーラアギオスディミトリオス聖堂ニコラオス カクラマナキスアレッサンドラ ゼンシニカレーラ・アンドラーデフォスティーヌ メレフェリブリージュ宝典ペリブレプトス修道院アギイテオドリ聖堂アギアソフィア教会アフェンティコ教会ファーブル・ドリベカルコンディレスパンタナサ修道院フェリブリージュトム アシュリーマヌエル[2世]ミストラル(風)エクストレイルミストラの遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android