コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズオオバコ Ottelia alismoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズオオバコ
Ottelia alismoides

トチカガミ科の一年草。本州以南およびインド,オーストラリアに分布する。沼や溝の水中に生える。根茎はなく,葉は根生し,茎の下部からひげ根を出す。葉は長い柄があり,広楕円形オオバコの葉に似ているが薄質で縁は波打っている。8~10月頃に,長い花柄を出す。花の下に筒状の包葉があり縁に縦ひだがある。花弁状の内花被片は3枚で白色または淡紅色,おしべ6本,めしべ3本がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミズオオバコ

トチカガミ科の一年生水草。本州〜九州,インド,オーストラリアに分布し,水田や溝などの水中にはえる。葉は束生し,柄が長く,卵状楕円形,水の深浅により大小の差が大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミズオオバコ【Ottelia japonica Miq.】

水田や溝にはえるトチカガミ科の一年草(イラスト)。葉は根生し,沈水性で葉柄があり,葉身は広披針形で縁に波形しわがある。水深によって葉の大きさが異なり,長さ10~30cm,幅2~15cmになる。花期は8~10月で,苞鞘(ほうしよう)の中にただ一つの両性花ができ,苞鞘の柄が伸びて水面に達し,開花する。苞鞘には縦方向に数個の翼がつき,翼の縁に波形のしわがある。萼片は3枚で線形,緑色。花弁は3枚で円形,長さ15~25mmあり,淡紅色をしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズオオバコ
みずおおばこ / 水大葉子
[学]Ottelia alismoides Pers.

トチカガミ科の沈水性一年生水草。根茎がなく、葉は根生し、幼葉は線形、成葉は葉柄が長く、葉身は卵状広楕円(こうだえん)形で長さ10~30センチメートル、幅5~20センチメートル、軟質である。オオバコの葉に似ており、水生であるためこの名がついた。8~11月、葉間から多数の花茎を水面まで出し、上端に披針(ひしん)形で翼片のある長さ約4センチメートルの包鞘(ほうしょう)をつくり、その先に径2~4センチメートルで両性の一日花を開く。花冠は微紅紫色、花弁は3枚で広卵形。萼片(がくへん)は3枚。河川や水田に生え、本州から沖縄、および温帯に広く分布する。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズオオバコの関連キーワード田大葉子川酢漿草水朝顔水埃水葵

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android