ミズバショウ(読み)みずばしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「ミズバショウ」の解説

ミズバショウ
みずばしょう / 水芭蕉
[学] Lysichiton camtschatcensis (L.) Schott

サトイモ科(APG分類:サトイモ科)の多年草。太い根茎がある。葉は根茎に束生し、楕円(だえん)形で成熟時には長さ60センチメートルを超える。花序は根生し、10~30センチメートルの花柄があり、5~7月、葉に先だって展開する。肉穂花序は円柱状で密に両性花をつけ、初めは黄色で長さ3~5センチメートル、しだいに大きくなり、黄緑色となる。花柄の基部に白色で大形の仏炎包(ぶつえんほう)がつき、花柄と花序を囲む。液果は花軸に埋まり、緑色に熟す。寒地の湿原に群生し、本州、北海道、および千島、カムチャツカ、樺太(からふと)(サハリン)、ウスリーに分布する。名は、水辺に生え、葉がバショウに似ることによる。北アメリカには仏炎包が黄色のアメリカミズバショウL. americanus Hult. et St.Johnがある。

[邑田 仁 2022年1月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ミズバショウ」の解説

ミズバショウ

サトイモ科の多年草。本州,北海道,アジア北東部の山地の湿原にはえ,しばしば大きな群落をつくる。根茎は太く,ときに長さが1mに達する。5〜7月,葉の展開に先だつか同じ頃開花。仏炎包は楕円形白色で,長さ4〜7cmの黄色の肉穂花序を抱く。花は両性。花被片は舟形で4枚,おしべ4本めしべ1本。花が終わると花序は長く伸び,葉も長楕円形に大きく生長する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ミズバショウ」の解説

ミズバショウ【Lysichiton camtschatcense (L.) Schott】

寒冷地の水湿地に生えるサトイモ科の多年草(イラスト)。泥炭湿地では地下茎地中に直入し,ときに1mをこえることもある。茎頂部から,外形はバショウの葉に似て長楕円形の葉身を持つ潤大な葉を根生する。葉身基部は葉柄縁に流下してやや扁平な葉柄を形成する。大型のものでは葉長は1mをこえるが,多くはそれよりも小さい。春,葉の萌芽展開と同時にボート状の白色の仏焰苞(ぶつえんほう)を有する肉穂花序を出す。肉穂花序は長い花茎を有し,円柱形で長さ10cmばかり,多数の緑色の両性花を密集する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミズバショウの言及

【昭和[村]】より

…大芦地区を中心に近世からカラムシの栽培が行われ,越後上布の原料として送られていたが,1975年からは織物業の育成がはじめられ,過疎化の歯止めのための新しい地場産業として期待されたが,人口減少は続いている。南端の駒止峠付近にある駒止湿原(天)や矢ノ原湿原はミズバショウの群生地として知られる。【佐藤 裕治】。…

※「ミズバショウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android