コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミソハギ

百科事典マイペディアの解説

ミソハギ

ミソハギ科の多年草。北海道〜九州,朝鮮半島野原日当りのよい湿地にはえる。茎は分枝して直立し,高さ1m内外,披針形の葉を対生する。夏,枝の上部の葉腋に径約1.3cm,紅紫色6弁の花を数個ずつ,やや穂状に開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミソハギ【Lythrum anceps (Koehne) Makino】

野原や山すその湿地に生えるミソハギ科の多年草(イラスト)。全体に毛がなく,茎は直立して高さ50~100cm,上部で多く分枝する。葉は対生し,披針形で長さ2~6cm。花は8月ころ,葉腋(ようえき)に1~3個ずつつき,径1.3cm。萼は筒状で12本のがあり,先は6裂(まれに5裂)。花弁は紅紫色で6枚が普通であるが,5枚のものもある。盂蘭盆仏事に用いる風習があり,切花にして仏壇や墓にそなえる。日本全土,朝鮮に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミソハギ
みそはぎ / 禊萩
[学]Lythrum anceps (Koehne) Makino

ミソハギ科の多年草。全草無毛。茎は高さ0.5~1メートルで4条がある。葉は無柄で対生し、広披針(こうひしん)形で長さ2~6センチメートル、幅0.6~1.5センチメートル、先はとがり、基部は茎を抱かない。8月、長さ20~30センチメートルの穂状花序をつくり、包葉のわきに長さ6~7ミリメートルの紅紫色花を1~3個開く。柄はごく短く、花弁は6枚。萼筒(がくとう)は長さ5~8ミリメートルで12脈があり、縁(へり)に三角状の歯牙(しが)が6個あり、その間に細針状の付属体がある。雄しべは12本、花柱は1本。包葉は縁にだけ毛状突起がある。浅い流れの傍らや湿地に群生し、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、禊(みそぎ)ハギの意味で、盂蘭盆会(うらぼんえ)で仏前の供物に水を注ぐのに花穂を使うため、ボンバナともよんで親しまれる。
 ミソハギ属は熱帯および温帯に約25種分布し、ヨーロッパには観賞用として栽培されるものが多い。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミソハギの関連キーワードシマサルスベリ(島猿滑)屋久島猿滑りエゾミソハギ禊萩・溝萩サルスベリきかし草蝦夷禊萩黄花禊萩ラウソンクフェア盂蘭盆会紅丁香水松葉紅丁字指甲花水杉菜島猿滑紫薇花百日紅ヘンナ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミソハギの関連情報