コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミソハギ

3件 の用語解説(ミソハギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミソハギ

ミソハギ科の多年草北海道〜九州,朝鮮半島の野原の日当りのよい湿地にはえる。茎は分枝して直立し,高さ1m内外,披針形の葉を対生する。夏,枝の上部の葉腋に径約1.3cm,紅紫色6弁の花を数個ずつ,やや穂状に開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミソハギ【Lythrum anceps (Koehne) Makino】

野原や山すその湿地に生えるミソハギ科の多年草(イラスト)。全体に毛がなく,茎は直立して高さ50~100cm,上部で多く分枝する。葉は対生し,披針形で長さ2~6cm。花は8月ころ,葉腋(ようえき)に1~3個ずつつき,径1.3cm。萼は筒状で12本の肋があり,先は6裂(まれに5裂)。花弁は紅紫色で6枚が普通であるが,5枚のものもある。盂蘭盆の仏事に用いる風習があり,切花にして仏壇や墓にそなえる。日本全土,朝鮮に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミソハギ
みそはぎ / 禊萩
[学]Lythrum anceps (Koehne) Makino

ミソハギ科の多年草。全草無毛。茎は高さ0.5~1メートルで4条がある。葉は無柄で対生し、広披針(こうひしん)形で長さ2~6センチメートル、幅0.6~1.5センチメートル、先はとがり、基部は茎を抱かない。8月、長さ20~30センチメートルの穂状花序をつくり、包葉のわきに長さ6~7ミリメートルの紅紫色花を1~3個開く。柄はごく短く、花弁は6枚。萼筒(がくとう)は長さ5~8ミリメートルで12脈があり、縁(へり)に三角状の歯牙(しが)が6個あり、その間に細針状の付属体がある。雄しべは12本、花柱は1本。包葉は縁にだけ毛状突起がある。浅い流れの傍らや湿地に群生し、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、禊(みそぎ)ハギの意味で、盂蘭盆会(うらぼんえ)で仏前の供物に水を注ぐのに花穂を使うため、ボンバナともよんで親しまれる。
 ミソハギ属は熱帯および温帯に約25種分布し、ヨーロッパには観賞用として栽培されるものが多い。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミソハギの関連情報