コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾソバ

百科事典マイペディアの解説

ミゾソバ

ウシノヒタイとも。タデ科一年草。日本全土,東アジアの山野の水辺に群生する。茎は下部が地をはい,上部は立ち上がって高さ30〜100cm,ほこ形の葉を互生する。8〜10月,枝先に淡紅色の小さな花を15個内外,頭状に密に開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾソバ【Polygonum thunbergii Sieb.et Zucc.】

水辺や溝に群生し,種子の形がソバに似ているタデ科一年草(イラスト)。別名のウシノヒタイは葉の形にもとづく。茎は地をはい,節より根を出し,よく分枝する。上部は斜上し,高さ30~70cm。稜に細かい逆刺がある。葉は長さ4~10cmのほこ形。両面に毛が散生し,表に八字形の斑紋がある。葉鞘(ようしよう)は縁毛か,小型の葉片をもつ。花期は8~10月。花は枝の先に10~20個が頭状につく。花被片は5枚,先端が紅色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾソバ
みぞそば / 溝蕎麦
[学]Polygonum thunbergii Sieb. et Zucc.

タデ科の一年草。茎は地をはい、節から根を出し、高さ30~70センチメートル、逆向きの刺(とげ)がある。葉は互生し、卵状矛形で長さ4~10センチメートル、先端はとがり、基部は三角状耳形に張り出す。葉質は薄く、両面に逆刺と星状毛がまばらに生え、表面は光沢がなく、八字形の黒斑(こくはん)がある。柄に緑色の狭翼が出る。8~10月、枝先に約10個の白色花または帯紅色花を頭状につける。花被(かひ)は5枚。痩果(そうか)はソバ(タデ科の一年草)に似た3稜(りょう)のある卵形で褐色、光沢はなく、宿存する花被に包まれる。湿地に生え、日本、および朝鮮半島、中国、ウスリーに分布する。変種ヤマミゾソバは刺が少なく、葉幅は広く、葉柄に翼はない。関東地方に分布する。名は、溝に生えるソバの意味である。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミゾソバの関連キーワードマルカメムシ土方歳三水蕎麦蓼八字草蛙子草田蕎麦犬蕎麦小米花川蕎麦水蕎麦牛の額寄生姫萩米々牛額蛙股蛙草矛形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android