コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマルミュージック minimal music

デジタル大辞泉の解説

ミニマル‐ミュージック(minimal music)

1960年代後半に始められ、70年代に世界的に流行した現代音楽の一作法。短いパターンの反復と漸進的な変化特徴とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミニマルミュージック【minimal music】

最小限の音楽要素で作曲・演奏される音楽。多く反復を用いる。アメリカ現代音楽の一傾向。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミニマルミュージックの関連キーワードアダムズ(John Adams、作曲家)ライヒ(Steve Reich)バックグラウンド・ミュージックゴング(ロック・バンド)ミニマル・ミュージックワールド・ミュージックミュジック・セリエルアシュ・ラ・テンペルT.M. ライリースティーブ ライヒミニマル・アートグリーナウェイアダムズライリー環境音楽最小限ノイ!ライヒ久石譲イーノ

ミニマルミュージックの関連情報