ミニョン(英語表記)Mignon, Abraham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニョン
Mignon, Abraham

[生]1640.6.21. フランクフルトアムマイン
[没]1697. フランクフルトアムマイン/ウェッツラー
オランダの画家。生地で J.マルレルに学んだのち,1660年頃ユトレヒトの J.ヘームに師事した。 65年一時帰国したが,69年ユトレヒトの聖ルカ画家組合に登録。多作家で,作品にはヘームの影響が強い。花,果物,小鳥,装飾豊かなテーブル,昆虫などの静物画のほか,肖像画も描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ミニョン【Mignon】

○ ゲーテの「ウィルヘルム=マイスターの修業時代」に登場する可憐な少女。マイスターに対する思慕と故郷イタリアに対する切々たる憧れを歌う。
トーマ作曲のオペラ。三幕。1866年初演。に取材した作品。ジプシーにさらわれたミニョンの歌うバラード「君よ知るや南の国」は広く知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミニョン
みにょん
Mignon

フランスの作曲家トマの3幕からなるオペラ。1866年作曲。ゲーテの『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』に基づき、バルビエとカレが台本を作成。オペラ全体は、主人公ウィルヘルムがロマ(かつてはジプシーとよばれた)の一座と旅する誠実な少女ミニョンに、そして魅力的な女優フィリーナに恋する物語で、最後には、親切な放浪の老歌手ロターリオが実は名のある貴族であり、ミニョンの父親でもあることが判明してクライマックスを迎える。第一幕でミニョンが歌うロマンス「君よ知るや南の国」がとくに名高い。作曲の同年パリで初演。日本初演は1921年(大正10)ロシア歌劇団による。日本人による初演は1951年(昭和26)藤原歌劇団。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ミニョン

(原題Mignon) オペラ。三幕。トーマ作曲。ゲーテの「ウィルヘルムマイスターの修業時代」に基づいてバルビエとカレが合作した台本による。初演一八六六年。第一幕で歌われる「君よ知るや南の国」は有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニョンの関連情報