ミヤコ蝶々(読み)ミヤコ ちょうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ミヤコ蝶々 ミヤコ-ちょうちょう

1920-2000 昭和-平成時代の漫才師,女優。
大正9年7月6日生まれ。7歳で初舞台,少女漫才として地方巡業昭和23年南都雄二コンビをくみ,30年からふたりで「夫婦善哉(めおとぜんざい)」の司会ラジオ,テレビに進出。雄二没後もテレビ,舞台で活躍。平成12年10月12日死去。80歳。東京出身。本名は日向鈴子。著作に「女ひとり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミヤコ蝶々【ミヤコちょうちょう】

女優・漫才師。本名日向(ひゅうが)鈴子。東京都生れだが,のち兵庫県へ移る。父親が思いつきで芝居一座を結成し,幼くして座長となり,そこでさまざまなを身につけた。1942年に大阪の吉本興業に入るとともに,落語家の三遊亭柳枝と結婚。しかし離婚して,1947年に自らの弟子である吉村朝治(のちの南都雄二)と再婚した。その後,夫婦漫才コンビとして売り出し,ラジオ番組の《漫才学校》や《夫婦善哉(めおとぜんざい)》(1955年にスタートした20年にわたる長寿番組で,1963年からはテレビ番組となる)などで人気を博した。1958年に雄二と離婚。その後は関西喜劇を代表する女優として舞台・テレビ・映画などで活躍し,軽妙で温かみのある演技で親しまれた。なお,雄二との付き合いは,雄二が1973年に亡くなるまで公私ともに続いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミヤコ蝶々の関連情報