ミュールハイム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュールハイム
みゅーるはいむ
Mlheim an der Ruhr

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の鉱工業都市。人口17万2900(2000)。ルール川の河畔に位置する。ルール川はライン川から当地までの12キロメートルが浚渫(しゅんせつ)され、水運に利用される。またケルンからルール地方を経て北方および東方に向かうアウトバーンや鉄道が通じる。市域北東部に四つの炭鉱があるが、産業の中心は、交通上好位置にあるために発展した工業、とくに鉄鋼、機械、精油などである。市域は、鉱工業のおこった多数の村が合併して形成され、まとまりがないが、第二次世界大戦後、駅の南に大規模な都心が計画的に建設された。南部の丘陵地は保養地となっている。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android