コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュールハイム

2件 の用語解説(ミュールハイムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミュールハイム

ドイツ北西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市ルール川に臨み,鉄鋼・製油・石炭・繊維工業が行われ,マックス・プランク石炭研究所ロマネスクの教会,中世の古城などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュールハイム
みゅーるはいむ
Mlheim an der Ruhr

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方鉱工業都市。人口17万2900(2000)。ルール川の河畔に位置する。ルール川はライン川から当地までの12キロメートルが浚渫(しゅんせつ)され、水運に利用される。またケルンからルール地方を経て北方および東方に向かうアウトバーンや鉄道が通じる。市域北東部に四つの炭鉱があるが、産業の中心は、交通上好位置にあるために発展した工業、とくに鉄鋼、機械、精油などである。市域は、鉱工業のおこった多数の村が合併して形成され、まとまりがないが、第二次世界大戦後、駅の南に大規模な都心が計画的に建設された。南部の丘陵地は保養地となっている。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュールハイムの関連情報