ミュールハイム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュールハイム
みゅーるはいむ
Mlheim an der Ruhr

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の鉱工業都市。人口17万2900(2000)。ルール川の河畔に位置する。ルール川はライン川から当地までの12キロメートルが浚渫(しゅんせつ)され、水運に利用される。またケルンからルール地方を経て北方および東方に向かうアウトバーンや鉄道が通じる。市域北東部に四つの炭鉱があるが、産業の中心は、交通上好位置にあるために発展した工業、とくに鉄鋼、機械、精油などである。市域は、鉱工業のおこった多数の村が合併して形成され、まとまりがないが、第二次世界大戦後、駅の南に大規模な都心が計画的に建設された。南部の丘陵地は保養地となっている。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android