コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカシトンボ ムカシトンボ Epiophlebia superstes

3件 の用語解説(ムカシトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムカシトンボ
ムカシトンボ
Epiophlebia superstes

トンボ目ムカシトンボ科。体長約 50mm,後翅長 29mm内外。体は黒色で黄色斑があり,一見サナエトンボに似ている。複眼は左右広く離れる。翅は細く,前後翅ほぼ同形で基部は柄状になり,四角室は不等辺で短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムカシトンボ

トンボ目ムカシトンボ科の昆虫の1種。日本の特産。体長50mm内外,黒地に黄斑がある。体はサナエトンボに近く,翅の構造はイトトンボに近い。成虫は5〜6月ごろ渓流上に見られ,止まるときには翅を半開にするかまたは全く閉じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカシトンボ
むかしとんぼ / 昔蜻蛉
[学]Epiophlebia superstes

昆虫綱トンボ目ムカシトンボ科に属する昆虫。この類の現存種は2種だけで、日本産のムカシトンボとヒマラヤ山系のヒマラヤムカシトンボEpiophlebia laidlawiで、ムカシトンボ亜目を形成する。中生代のジュラ紀を中心に栄えた一群の遺存種で、現存の二大亜目のトンボの中間的性質がみられる。中形種(体長約50ミリメートル、後翅(こうし)長約38ミリメートル)、体はややサナエトンボに似た黒色の地に黄斑(おうはん)をもつが、はねは基部で細まって、翅脈は均翅亜目的であり、生殖器、尾部付属器、筋肉などにも原始的特徴がみられる。日本列島では北海道から九州南端部まで産するが、島嶼(とうしょ)では隠岐(おき)と天草諸島に限られる。幼虫は山間の渓流で低水温の環境だけに生活し、その期間は7~8年にわたると推定される。
 春季4~5月に羽化するが、幼虫羽化直前の数週間は陸上の地面の間に潜む。渓谷の上空を飛翔(ひしょう)して摂食し、雄は流水辺にきて雌を求め、流水を遡行(そこう)して飛翔するのがみられる。交尾は静止して行い、雌は水辺の流れに接したフキ、ワサビなどの組織の柔らかい植物体に止まって産卵する。卵はソーセージ形で植物組織中に規則正しく蛇行状をなして産み込まれ、4回の産卵数が1000個に達することがある。卵は20℃ぐらいでは約1か月を経て孵化(ふか)し、エビのような形をした原幼虫は産卵孔から脱出して水中に落ちる。幼虫の形はまったく不均翅型であるが、呼吸器などにはすこぶる原始的特徴がみられる。最近、渓流沿いのコケ類にも産卵することがわかった。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムカシトンボの関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉川蜻蛉腰明蜻蛉ミヤジマトンボムカシカワトンボ(昔河蜻蛉)ムカシトンボ(昔蜻蛉)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムカシトンボの関連情報