コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシトリスミレ

百科事典マイペディアの解説

ムシトリスミレ

北海道,本州,四国の高山〜亜高山の岩地や草地にはえるタヌキモ科の多年生食虫植物。葉は根生し,数枚集まってロゼットをつくり,狭卵形で柔らかく,上面には短い腺毛があって虫などを粘着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムシトリスミレ【butterwort】

日本~北アメリカ北部の高山から寒帯で湿った崖地または湿地に自生し,スミレに似た花をつけるタヌキモ科の多年生食虫植物(イラスト)。葉は長楕円形で,縁がそり上がり,長さ2~5.5cm,幅7~18mm,根もとで数枚が展開してロゼットをつくる。葉の表面と花茎に多数の腺毛と腺組織があり,粘液を出してとりもち式に小動物を捕らえる。消化酵素はアミラーゼプロテアーゼなどであり,獲物を消化吸収する。夏,長さ2~20cmの花茎を3~8本出し,頂部に紫色~白色の1花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシトリスミレ
むしとりすみれ / 虫取菫
common butterwort
[学]Pinguicula vulgaris L.

タヌキモ科の多年草。葉は根生し、長さ3~5センチメートル、卵状長楕円(ちょうだえん)形で縁(へり)は内側に巻き、表面に粘液を分泌する短い腺毛(せんもう)を密布する。7~8月、高さ5~15センチメートルの花茎の先に、紫色の唇形花を1個横向きに開く。食虫植物として知られ、葉の表面に小動物が触れると閉じて小動物を巻き込み、粘液で溶かし、消化する。山地から高山の湿った岩壁や草原に生え、四国、中部地方以北の本州、北海道から周北極地方に広く分布する。名は、花がスミレに似ており、食虫植物であることによる。
 ムシトリスミレ属は葉は全縁でロゼット状に根生する。世界に約30種、日本には本種とコウシンソウが分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムシトリスミレの関連キーワードコウシンソウ(庚申草)コウシンソウ双子葉植物庚申草捕虫葉庚申山駒ヶ岳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android