コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガロン メガロン megaron

3件 の用語解説(メガロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガロン
メガロン
megaron

建築用語。中央に炉をもつ主室とその前のポーチとから成る長方形の住居建築形式。その由来と成立については明らかでないが,中部および東ヨーロッパにはすでに青銅器時代から存在し,ギリシアではディミニにその最古の例がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メガロン

古代ギリシア,ミュケナイ時代の住居形式。長方形プランで,中央に炉の切ってある主室とこれに連なる玄関,および前庭が縦に並ぶ。のちのギリシア古典期の神殿建築の原型となった。
→関連項目トロイアミュケナイ文明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メガロン【megaron】

古代ギリシア,ことに先史時代の家屋の形式の一つ。叙事詩などでは広間,宮殿,神殿をも指すが,的確にいえば玄関(ポーチ),浅い前室(ときに欠く),炉のある広い主室が前後に続く長方形プランの家型。ミュケナイ時代に完成し,この時代の最も顕著な定型となった。その原型については西アジア説とヨーロッパ説があるが,決定しがたい。いずれにせよ,ギリシアの地において発達し確定したものである。初期段階のものは新石器時代テッサリアや初期・中期青銅器時代のギリシア本土にみられ,またトロイアでは第1市に現れ,第2市では前庭に面して堂々たる数棟があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メガロンの関連キーワードギリシア旋法ギリシア悲劇ギリシャ語ギリシャ文字歴史時代京都ギリシアローマ美術館ギリシア喜劇ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone