コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メギド メギドMegiddo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メギド
Megiddo

エスドラエロン平野を見おろす古代パレスチナの都市。ハイファの南南東約 30kmにあり,軍事上,交易上の要衝。アラブ名テルアルムテセリム。現在は遺跡。 1925~39年に発掘調査が行なわれた。最古の村落は前4千年紀の初期とされる。青銅器時代を通じて,厚い城壁,城門,宮殿,神殿などを備えた都市国家として栄え,エジプトアマルナ文書にも現れる。前 1468年頃には城下でエジプトのトゥトモス3世の軍とカナン連合軍との間で戦いが行なわれた。エジプトの属国となってからも繁栄したことは初期のフェニキア風象牙細工の出土が示している。のちイスラエル人の城塞都市となり,ソロモンによって軍事基地として整備された。エジプトのシェションク1世 (前 930頃) ,アッシリアのティグラト=ピレゼル3世 (前 733) ,エジプトのネコ2世 (前 609) の攻撃によって破壊されたが,町は前 450年頃まで存続した。 2005年聖書のテル群として,ハゾルベールシェバとともに世界遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メギド

古代パレスティナの都市。現在のハイファ付近。戦略的要地としてしばしば戦場となり,ここから聖書のハルマゲドン(〈メギドの丘〉の意で,人類最後の大戦)の観念が生まれたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メギド【Megiddo】

カナン時代から旧約聖書時代にかけて重要な役割を果たしたパレスティナの古代都市。ハイファの南東35km,エズレル峡谷の南側に位置する。メソポタミアからエジプトへ通じる公道〈海の道〉を扼する要所にあったため,歴史を通じて数々の大会戦の場となった。つねに要塞が築かれていたが,ソロモンの築城は特に有名である。新約聖書の《ヨハネの黙示録》16章で,終末戦争の戦場になるハルマゲドンとは〈メギドの丘〉の意。【石田 友雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メギドの関連キーワードブトロス・ブトロス ガリテル・ゼロール遺跡トトメス[3世]バビロン捕囚第3エズラ記シェションクネコ[2世]タアナクヨシヤ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メギドの関連情報