コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メグロ Apalopteron familiare; Bonin white-eye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メグロ
Apalopteron familiare; Bonin white-eye

スズメ目メジロ科。全長約 14cm。小笠原諸島固有種。かつては日本で 1種だけミツスイ科に置かれていたが,分子遺伝学の研究によってメジロ科に移された。背面は暗オリーブ灰色,眼先と下面は黄色である。額から眼の後上,頬にかけて三角形の黒いマスクのような模様が印象的だが,眼のまわりが白いなどその他の点ではメジロに似ている。小笠原諸島の聟島列島母島列島に分布するが,聟島の鳥は絶滅した。母島列島には生息しているが,生息場所が限定され,個体数は減少している。父島でも記録はあるが,生息していたかどうかは確実ではない。4~6月に常緑広葉樹林の 1~5mの樹上に営巣する。メジロの吊り巣とは異なり,木のまたや幹などに固定した椀型の巣に 2~4個の卵を産む。国の特別天然記念物ならびに「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)の施行にともない国内希少野生動植物種に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メグロ

ミツスイ科の鳥。近年はメジロ科とする説もある。翼長6.5cm。背面は暗緑色,腹面顔は黄色。顔の囲眼部は白色だが,その周囲には三角形の黒斑がある。小笠原群島中の母島とその周辺の小島に留鳥として分布。
→関連項目ミツスイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メグロ
めぐろ / 眼黒
white-eyed honeyeater
[学]Apalopteron familiare

鳥綱スズメ目ミツスイ科の鳥。全長14センチメートルの小形種で、日本の小笠原(おがさわら)諸島に限られて分布する希種である。現在母島と向(むこう)島にしかいないが、母島の島内ではごく普通にみられる留鳥。背面は赤みがかった緑色、腹面は黄色でわきは暗色、顔も黄色で目の周りに白いリングがあり、さらに黒い三角形の大紋がある。常緑広葉樹林の林縁、二次林に多く、道べりや人家の庭木にも現れる。つがいや小群で過ごし、繁殖期には木の枝に巣をつくる。花蜜(かみつ)のほかに果実や昆虫も食べる。特別天然記念物である。[中村登流]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メグロの関連キーワードメグロ号 Z97型 オカワサキ650ワルビル母島目黒蜜吸

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android