コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メサイア メサイア Messiah

翻訳|Messiah

8件 の用語解説(メサイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メサイア
メサイア
Messiah

救世主』。ヘンデル作曲 (1741) のオラトリオ。台本は聖書をもとに英語で書かれている。 1742年4月ダブリンの慈善演奏会で初演され,その後も今日まで同じ目的のために演奏されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メサイア(Messiah)

メシア
ヘンデル作曲のオラトリオ。1742年ダブリンで初演。キリストの降誕・受難・復活の3部からなる。第2部の「ハレルヤコーラス」は特に有名。救世主。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

メサイア

2011年公開の日本映画。監督:金子修介、脚本・原作:黒田洋介、原案:高殿円。出演:荒井敦史井上正大木ノ本嶺浩、陳内将、松田悟志、高橋龍輝ほか。高校に潜入したスパイの活躍と苦悩を描くアクション映画

メサイア

ドイツ生まれのイギリスの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオラトリオ(1741)。原題《Messiah》。名称は救世主メシアの英語読みに由来する。歌詞はイギリス国教会の聖書に基づく。

メサイア

アントニオ・ストラディバリ製作によるバイオリン。1716年製。イギリスのアシュモレアン博物館が所有。ドルフィン(1714年製)、アラード(1715年製)とあわせ、三大ストラディバリウスと称せられることもある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メサイア【Messiah】

ヘンデルの宗教的オラトリオの一つ。1741年の夏わずか3週間ほどで作曲され,翌年ダブリンで初演された。全体は3部からなり,それぞれ,神の預言と救世主(メシア)の降誕,受難と贖罪,復活と永遠の生命のテーマが扱われる。テキストはすべて旧約および新約聖書の英訳からとられ,叙事的要素よりもキリスト教の救済の理念が強調されているのが特徴である。音楽的には,レチタティーボアリア,合唱,器楽曲などで構成されているが,ヘンデルの他のオラトリオと同様に合唱が大きな比重を占め,すばらしい効果をあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メサイア【Messiah】

[2]メシア に同じ。
ヘンデル作曲のオラトリオ。三部五四曲。1742年初演。歌詞は聖書からとられ、英語で歌われる。合唱が効果的に用いられ、劇的迫力に富んだ宗教音楽中の傑作。有名な「ハレルヤ-コーラス」のほか、アリアにも名曲が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メサイア
めさいあ
(The) Messiah

ヘンデルが1741年に作曲したオラトリオ。ジェネンズが『旧約』『新約』両聖書をもとに作成した台本により、キリスト降誕の預言からその復活までを描いている。全体は三部からなり、第一部では預言と降誕が、第二部では受難と贖罪(しょくざい)が、第三部では復活と永遠の生命が扱われる。なお「メサイア」とはヘブライ語の「メシア」を英語読みしたもので、通常「救世主」と訳されている。この作品の劇的な効果と深い宗教的感動は初演時から多くの人の心をとらえ、今日においても、もっとも人気の高い宗教音楽作品の一つに数えられている。第二部の最後を飾る「ハレルヤ・コーラス」はとくに愛好されており、ロンドン初演の際、この部分で国王ジョージ2世が感動のあまり起立したというエピソードは名高い。編成は4人の独唱者と混声合唱および管弦楽。作曲の翌年の42年にアイルランドのダブリンで初演され、その後作曲者によって大掛りな改変が施された。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメサイアの言及

【メシア】より

…ヘブライ語マーシャハ(油を注ぐ)という動詞の名詞形マーシーァハ(油注がれた者)に由来する語。救世主。ギリシア語ではクリストス(キリスト)と訳された。聖書的伝統によれば,神の介入によって変貌した歴史内世界に立てられる神の支配の代行者をいう。そして,このメシアによる終末的救済によってもたらされる新しい世界秩序の到来を待望する世界観をメシアニズムという。メシア思想は,古代オリエントの宇宙論的な世界変貌の思想を背景にもつが,とくに古代イスラエルの預言者の終末論的歴史観に基づいて成立したと説明される。…

【オラトリオ】より

…主な作曲家は,A.スカルラッティ,マルティーニ,N.ヨメリ,J.A.ハッセ,ハイドン,モーツァルトなどである。中でもヘンデルは,イタリア語の《復活》(1708)から英語オラトリオ《メサイア》(1742)への道を開いた。その間ドイツではプロテスタント教会音楽の中でオラトリオの独自の型が形成された。…

【ヘンデル】より

…その背景にはイギリスの民族主義や,貴族階級の没落と中産階級の台頭といった社会的な変化がからんでいる。有名なオラトリオ《メサイア》はアイルランド総督からの依頼によって作曲されたもので,42年彼自身によってダブリンで初演された。《メサイア》は慈善演奏会で演奏され,収益はすべて寄付された。…

※「メサイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メサイアの関連キーワードオラトリオティーレカンピドリオの丘クリスマス・オラトリオヘンデル・フェスティバルイタリア・オラトリオ会オペラ・オラトリオ《クリスマス・オラトリオ》受難オラトリオフランス・オラトリオ会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メサイアの関連情報