コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダケ

2件 の用語解説(メダケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メダケ

イネ科。本州(関東南部以西)〜九州の河岸,丘陵,海辺などに群生する。茎は高さ2〜4m,径1〜2(〜3)cm,緑色で各節から5〜7本の枝を出す。葉は長楕円状披針形で硬く,先は尾状にとがり,やや垂れ,葉身や葉鞘には毛がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メダケ
めだけ / 雌竹・女竹
[学]Pleioblastus simonii (Carr.) Nakai

イネ科のタケ・ササ類。全体に毛はない。稈(かん)は剛壮で高さ3~4メートル、径2~3センチメートルに達する。葉は狭披針(きょうひしん)形で長さ20~25センチメートル、幅約2センチメートル、薄く、先は垂れる。稈や枝の節に花穂を密につける。稈は丸竹のまま、または割って細工物など種々に利用する。
 メダケ属は、稈は直立し、一つの節から枝が多数出る。葉鞘(ようしょう)の上縁は無毛であるが、平滑な肩毛(かたげ)がある。雄しべは3本。北海道から沖縄の山野に16種分布し、ほかに4種の園芸品種がある。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メダケの関連キーワードイネ甘子河岸見世霞山椒魚高麗芝珊瑚樹代地河岸東笹神戸土竜数珠根の木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone