コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダケ

百科事典マイペディアの解説

メダケ

イネ科。本州(関東南部以西)〜九州の河岸丘陵海辺などに群生する。茎は高さ2〜4m,径1〜2(〜3)cm,緑色で各節から5〜7本の枝を出す。葉は長楕円状披針形で硬く,先は尾状にとがり,やや垂れ,葉身葉鞘には毛がない。たけのこは5月に出,皮は暗緑色のち黄色となり落ちない。ときに開花し,のち枯れる。うちわ,筆,笛などとする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メダケ
めだけ / 雌竹・女竹
[学]Pleioblastus simonii (Carr.) Nakai

イネ科のタケササ類。全体に毛はない。(かん)は剛壮で高さ3~4メートル、径2~3センチメートルに達する。葉は狭披針(きょうひしん)形で長さ20~25センチメートル、幅約2センチメートル、薄く、先は垂れる。稈や枝の節に花穂を密につける。稈は丸竹のまま、または割って細工物など種々に利用する。
 メダケ属は、稈は直立し、一つの節から枝が多数出る。葉鞘(ようしょう)の上縁は無毛であるが、平滑な肩毛(かたげ)がある。雄しべは3本。北海道から沖縄の山野に16種分布し、ほかに4種の園芸品種がある。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android