コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディカルエレクトロニクス medical electronics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディカルエレクトロニクス
medical electronics

電子装置を医学に応用する分野の総称。診断用では,心電計脳波計のほか,X線撮影,超音波診断や,これらのデータをコンピュータ処理して立体画像を得るコンピュータトモグラフィー (CT) などの技術がある。治療分野では,切開と同時に止血が可能なレーザーメス超音波による胆石の破砕のように,従来の医学では不可能であった治療を可能にしている。また,簡単なセンサを家庭に置き,通信回線で病院のホストコンピュータと結ぶことにより,在宅医療の道も開けつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メディカルエレクトロニクス

医用エレクトロニクスとも。略称ME。エレクトロニクス(電子工学)の知識を医学の分野に応用する学問で,生体の情報機構の解明といった基礎的問題から,各種の医療電子機器による病気の診療に至る種々の問題を対象とする。
→関連項目脳磁図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

メディカルエレクトロニクスの関連キーワードエレクトロニクス史(年表)ペースメーカー医療用電子機器高周波療法人工心臓人工心肺断層撮影脳波診察

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メディカルエレクトロニクスの関連情報