メボウキ

世界大百科事典 第2版の解説

メボウキ【basil】

バジルまたはバジリコと称し,香辛料や香草として知られるシソ科の一年草(イラスト)。メボウキ属Ocimumはアフリカ,東南アジアから太平洋諸島に50~60種が分布する。そのなかで日本で香辛料として栽培されるのは,本種だけである。高さ40~50cm,葉は波状欠刻のある卵状披針形で,強烈な香りがする。夏には茎の先にシソに似た花穂を立て,紫白色の6輪の小花を輪生して咲き上がるが,とくに観賞価値はない。種まきは4~5月,小鉢で育苗したものを5~6月に鉢または花壇に植える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メボウキ
めぼうき

シソ科の一年草バジルの別名。種子を目に入れると水分でゼリー状の物質が浸出し、目のごみを取り去ることができるために、この名がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android