コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルカトル メルカトル Mercator, Gerardus

6件 の用語解説(メルカトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルカトル
メルカトル
Mercator, Gerardus

[生]1512.3.5. 東フランドル,ルプルモンド
[没]1594.12.2. デュースブルク
16世紀最大の地図学者。メルカトル図法で知られる。フランドル地方のルーバン大学では F.ジェンマのもとでおもに数学を学んだ。 1541年直径 41cmの地球儀を作製。プロテスタントの傾向をもっていたため迫害され,52年ライン地方のデュースブルクに移住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メルカトル(Gerhardus Mercator)

[1512~1594]オランダ地理学者。1538年に世界地図、1541年に地球儀、1551年に天球儀、1569年にはメルカトル図法による世界地図を完成。近代地図学の祖とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メルカトル

フランドルの地理学者,地図製作者。本姓クレメルKremer。ルーバンの大学で数学,天文学,地理学を学び,同地で地図,地球儀,天文器械などを作って生計を立て,1552年以降デュースブルクに移る。
→関連項目アトラス(神話)アメリカ地図帳デュースブルク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メルカトル【Gerardus Mercator】

1512‐94
フランドルのルペルモンド生れの地図学者。本名はクレメルGerhard Kremer,メルカトルはラテン名。1569年に出版した世界地図に用いた正角円筒図法羅針盤航海に好都合なことから,メルカトル図法Mercator’s projectionとして今日に至るまで世界的に高い評価を得ている。ルーバン大学を1530年に卒業後,34年ルーバンに店を開き,パレスティナの地図やフランドルの地図を作成した。また命を受けて地球儀をつくりカール5世に献上した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メルカトル【Gerardus Mercator】

1512~1594) 〔本名 Gerhard Kremer〕 フランドル(現在のベルギー)の地理学者。地球儀・天球儀を数多く製作。また精密な調査によるフランドル地方の国土地図をはじめ、新しい図法による世界地図を作製。死後完成した「アトラス」は近代的世界地図帳の先駆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルカトル
めるかとる
Gerhardus Mercator
(1512―1594)

オランダ、東フランドルのルペルモンド生まれの地理学者。近代地図学の祖といわれる。フランドル名はGerhard Kremer Mercator。ルーバン大学で数学、天文学、地理学を学んだ。1538年に初めて世界図を、1541年に地球儀を、1551年に天球儀を製作した(両球儀とも奈良・天理図書館に収蔵)。1552年にドイツのデュースブルクに研究所を設立し、地図製作に後半生を捧(ささ)げた。1554年には15枚の大ヨーロッパ地図を、1564年には8枚からなるイギリスの大掛け地図を完成し、1569年には有名なメルカトル世界図を完成した。この図を航海図として彼が最初に用い、その後現在に至るまで広く普及し、メルカトルの名は科学史上永遠に残ることとなった。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメルカトルの言及

【新世界】より

…ただドイツ人地理学者マルティン・ワルトゼーミュラーがベスプッチの新大陸説を支持し,西半球の土地にアメリゴにちなんでアメリカという名を付した。もっとも,アメリカという呼称は当初限られた地域(例えばブラジル,アルゼンチン,チリ)に用いられ,それを大陸全土に適用したのは有名な地図製作者メルカトルである(1538)。しかし,スペインおよびその植民地では19世紀にいたるまでインディアスという言葉が一般に用いられた。…

【デュースブルク】より

…中世以来ルール炭輸送の中継地で,19世紀中葉の鉄鋼業成立以来急激に発展した。16世紀後半にこの町で活動した地図学者メルカトルの碑銘がザルバトール教会に残る。【渡辺 尚】。…

※「メルカトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メルカトルの関連キーワードカッサンドルフランドル戦争ライヒシュタインフランドル派スクルペルアルノルフィーニ夫妻アレキサンドル・デュマ五万二千ドルの罠フランドル王立バレエ団ノルマンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メルカトルの関連情報