コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メージャー メージャー Major, John

5件 の用語解説(メージャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メージャー
メージャー
Major, John

[生]1943.3.29. マートン
イギリスの政治家。サーカス団員の子として生れる。建設労働者を経て,銀行に勤務。地方議員を経て 1979年下院議員に当選。サッチャー政権下,87年大蔵担当閣内相,89年外相を歴任。サッチャー首相の辞任後の保守党党首選で当選,首相となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メージャー(John Major)

[1943~ ]英国の政治家。保守党。外相・蔵相を経て、1990年、サッチャーの後任として47歳で首相に就任。学校など公共機関の民営化政策を打ち出した。1997年の総選挙で保守党が惨敗し、首相を辞任。→ブレア

メージャー(major)

メジャー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メージャー

英国の政治家。公立のグラマースクール卒。父親はサーカスのブランコ乗り。16歳で仕事に就き,銀行員となる。1979年に保守党の下院議員に初当選。1987年大蔵担当閣内相,1989年7月外相,同年10月蔵相を歴任。
→関連項目イギリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メージャー
めーじゃー
John Major
(1943― )

イギリスの政治家。両親はサーカスの芸人。公立高校卒業。16歳で実社会に出て、建設労働者やバスの運転手などの職を転々とした。22歳のとき、銀行に職を得て頭角を現し、役員にまで昇進した。地方議員を経て、1979年、下院議員に初当選。サッチャー首相の信頼を得て1989年7月に外相、同年10月に財務相に抜擢(ばってき)された。折衝、実務能力に優れ、財務相時代には、予算要求を切りまくる手腕をみせた。サッチャー首相の辞任の後を受けて、1990年11月、46歳で首相となった。自分の才覚でたたきあげてきた苦労人で、「福祉で人を怠け者にする労働党より、自力ではいあがる人を助ける保守党」が主義。欧州連合条約(マーストリヒト条約)への対応のもたつきや、失業率が高く、景気回復も容易に望めない現状のなか、1993年6月の世論調査での支持率は21%に急落し、戦後の歴代首相としての最低記録となった。1995年7月、保守党臨時党首選で再選され、新内閣を組閣したが、1997年5月の総選挙で保守党が惨敗し、首相を辞任。2001年に議員を引退した。1993年(平成5)9月に来日。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メージャーの関連キーワードアナスチグマートマートアニマートエヌマークシートモートンインマーシュサンマートメガマートリプトン スマートタイムズろぼっ子ビートン

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メージャーの関連情報