コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モウセンゴケ

2件 の用語解説(モウセンゴケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モウセンゴケ

モウセンゴケ科の食虫植物多年草で,北海道〜九州,北半球に広く分布し,湿地にはえる。葉は根生してロゼット状に地面に広がり,杓子(しゃくし)状で柄が長く,表面には腺毛が密生,分泌液で小動物を捕え消化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モウセンゴケ
もうせんごけ / 毛氈苔
[学]Drosera rotundifolia L.

モウセンゴケ科の多年生食虫植物。葉は根生し、長さ2~8センチメートルの明瞭(めいりょう)な葉柄があり、杓子(しゃくし)形で長さ、幅ともに0.5~1センチメートル。縁(へり)に長い毛があり、表面は赤色またはほぼ透明な腺毛(せんもう)に覆われ、名は、これに由来する。この腺毛から粘液を分泌し、小動物が腺毛に触れるとこの粘液でこれをとらえ、消化する。6~8月、高さ6~30センチメートルで無毛の花茎に総状花序をつくり、片側に数個の花を開き、先は渦巻状に巻く。花は白色の5弁花で、1輪ずつ上方に向かって開いていく。萼(がく)は深く5裂し、裂片は長楕円(ちょうだえん)形、縁に短腺毛がある。花弁は枯れたまま、果実期にも残る。花柱は3本で深く2裂する。(さくか)は楕円形で萼より長く、褐色に熟して3裂する。日当りのよい酸性湿地に生え、北海道から九州、および北半球の亜寒帯、温帯に広く分布する。
 近縁のナガバノモウセンゴケは、葉は線状披針(ひしん)形で、長さは本種より長く、3~4センチメートルである。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モウセンゴケの関連キーワード混合栄養サラセニア食虫植物石持草蛇苔粘毛蠅地獄捕虫葉狢藻毛氈苔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モウセンゴケの関連情報