コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モケット モケットmoquette

翻訳|moquette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モケット
moquette

毛織物 (パイル ) の一種。綿糸化繊糸を地糸とし,羊毛糸や化繊糸をパイル糸として用い,添毛組織に織り,表面に長い毳 (けば) 糸を植えてビロード風にしたもの。椅子張りや,電車の座席張りなどに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モケット(moquette)

梳毛糸(そもうし)を用いて表面にけばを密に直立させた織物。また、それに似た合繊の織物。椅子(いす)張りなどに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モケット

パイル織の一種。綿または化繊の地織に添毛として羊毛糸や化繊糸を輪奈状に織り込み,織った後に先を切り短い毛羽(けば)をたてる。光沢に富み触感がよく,摩擦に耐えるので,おもにいす張りに用い,特に乗物の座席に使用する。
→関連項目ビロード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モケット【moquette】

パイル織の一種。地組織には経緯糸とも綿糸または化学繊維を用い,添毛用の糸にはおもに光沢のあるモヘアやイギリス種の羊毛または梳毛糸(そもうし),絹糸,ナイロン糸,アクリル糸を用いた経パイル織物で,パイルを密に短く直立させた表面が特徴をなす。椅子張り地,乗物の座席張り地,家具カバー地としておもに使用される。なお,フランスでは,敷込用のカーペットをモケットと呼んでいる。【山崎 宗城】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モケット【moquette】

椅子いすや乗り物の座席などを張るのに用いる、毛足の長いビロード状の毛織物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モケット
もけっと
moquette

(たて)パイル織物(添毛織物)の一種で、織物表面に立毛を有する高級な椅子生地(いすきじ)や、車両の座席用の生地。その織物の地織は、経緯(たてよこ)ともに綿糸を使い強固に織り上げ、表面に出るパイル糸には上等な梳毛(そもう)糸を使うことが多い。経パイルを立毛するには凹型の細金棒を織り込み、その凹型溝に沿ってカッティングすると立毛する。またパイル糸の毛足の長いものをブラッシュといい、上等なモヘア糸を使ったものをテレンプという。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モケットの関連キーワード住江織物添毛織物高野口立毛並木毛足

モケットの関連情報