モケット(英語表記)moquette

翻訳|moquette

デジタル大辞泉 「モケット」の意味・読み・例文・類語

モケット(moquette)

梳毛糸そもうしを用いて表面けばを密に直立させた織物。また、それに似た合繊の織物。椅子いす張りなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「モケット」の意味・読み・例文・類語

モケット

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語フランス語] moquette ) けばのあるパイル織りの毛織物。多く、椅子乗物座席に張る。
    1. [初出の実例]「モケット張りの椅子も」(出典:父の詫び状(1978)〈向田邦子〉お八つの時間)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「モケット」の意味・わかりやすい解説

モケット
moquette

パイル織の一種。地組織には経緯糸とも綿糸または化学繊維を用い,添毛用の糸にはおもに光沢のあるモヘアやイギリス種の羊毛または梳毛糸(そもうし),絹糸,ナイロン糸,アクリル糸を用いた経パイル織物で,パイルを密に短く直立させた表面が特徴をなす。椅子張り地,乗物の座席張り地,家具カバー地としておもに使用される。なお,フランスでは,敷込用のカーペットをモケットと呼んでいる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「モケット」の意味・わかりやすい解説

モケット
もけっと
moquette

経(たて)パイル織物(添毛織物)の一種で、織物表面に立毛を有する高級な椅子生地(いすきじ)や、車両の座席用の生地。その織物の地織は、経緯(たてよこ)ともに綿糸を使い強固に織り上げ、表面に出るパイル糸には上等な梳毛(そもう)糸を使うことが多い。経パイルを立毛するには凹型の細金棒を織り込み、その凹型溝に沿ってカッティングすると立毛する。またパイル糸の毛足の長いものをブラッシュといい、上等なモヘア糸を使ったものをテレンプという。

並木 覚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「モケット」の意味・わかりやすい解説

モケット

パイル織の一種。綿または化繊の地織に添毛として羊毛糸や化繊糸を輪奈状に織り込み,織った後に先を切り短い毛羽(けば)をたてる。光沢に富み触感がよく,摩擦に耐えるので,おもにいす張りに用い,特に乗物の座席に使用する。フランスでは敷込用カーペットをモケットと呼ぶ。
→関連項目ビロード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「モケット」の意味・わかりやすい解説

モケット
moquette

添毛織物 (パイル ) の一種。綿糸や化繊糸を地糸とし,羊毛糸や化繊糸をパイル糸として用い,添毛組織に織り,表面に長い毳 (けば) 糸を植えてビロード風にしたもの。椅子張りや,電車の座席張りなどに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android