コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モムゼン Mommsen, (Christian Matthias) Theodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モムゼン
Mommsen, (Christian Matthias) Theodor

[生]1817.11.30. シュレスウィヒ,ガルディング
[没]1903.11.1. ベルリン
ドイツの歴史家,古典学者。キールで法律学,言語学を学んだのちイタリア,フランスに旅行して碑文学などを研究。 1848年ライプチヒ大学教授となったが,シュレースウィヒ=ホルシュタイン国民運動に参加して教壇を追われた。 52年チューリヒ大学,54年ブレスラウ大学,58年ベルリン大学の古代史教授。政治的には進歩党,のちに国民自由党に属するプロシア下院議員 (1863~66,73~79) としてビスマルクと激しく対立,81年には帝国議会に選出され,84年からは左派自由党に所属した。主著『ローマ史』 Römische Geschichte (3巻,54~56) は不朽の名著といわれる。ほかに『ローマ貨幣制度史』 Die Geschichte des römischen Münzwesens (60) ,『ローマの国法』 Römisches Staatsrecht (3巻,71~88) ,『ローマの刑法』 Römisches Strafrecht (99) など多くの著述があり,また『ラテン碑文集成』 Corpus inscriptionum Latinarum (63以降) ,その他ローマ史史料の刊行にも功績があった。 1902年ノーベル文学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モムゼン(Theodor Mommsen)

[1817~1903]ドイツ歴史家。ローマ史研究の基礎を確立。政治家としても活躍。1902年ノーベル文学賞受賞。著「ローマ史」「ローマ公法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モムゼン【Theodor Mommsen】

1817‐1903
19世紀ドイツを代表する学者。法律学,碑文学,言語学古銭学歴史学に不朽の業績を残す。ライプチヒ,チューリヒ,ブレスラウ(現,ブロツワフ)の各大学教授を経て,1858年プロイセン・アカデミー会員としてベルリンに移り,61年ベルリン大学古代史教授。63‐66年および73‐79年にプロイセン議会の議員,81‐84年には帝国議会議員となる。69年ローマ名誉市民,1902年ノーベル文学賞を受ける。 著書をおおむね年代順に挙げると,《ローマ史》(1‐3巻:1854‐56,5巻:1885,ローマ帝政期にあてられるはずだった第4巻はついに書かれなかった),《ローマ研究》2巻(1864,79),《ローマ国家法》3巻(1871‐88),《ローマ刑法》(1899)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モムゼン【Theodor Mommsen】

1817~1903) ドイツの歴史学者。古代ローマ史に関して法律・貨幣・碑文など広範な研究を行い、のちの研究に多大な影響を与える。著「ローマ史」「ローマ国家法」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モムゼン
もむぜん
Theodor Mommsen
(1817―1903)

ドイツの古代史家。シュレスウィヒの牧師の家に生まれる。キール大学で法律を学び、のちイタリア、フランスで碑文学、考古学の研鑽(けんさん)を積む。1848年の三月革命では、郷里の新聞編集者として活発な論陣を張った。同年ライプツィヒ大学教授に招かれ、古代法を講義したが、50年反動的な政府と対立して罷免された。その後チューリヒ大学(1852)、ブレスラウ大学(1854)と移り、58年以降ベルリン大学で古代史を担当。モムゼンは当時の大学教授としては珍しく左派自由主義の立場にたち、プロイセン邦議会議員(1863~66、1873~79)、帝国議会議員(1881~84)としてビスマルクを鋭く批判。またトライチュケの国家主義的歴史学とも対決した。主著『ローマ史』(一~三巻・1854~56、第四巻は断片で未完、第五巻・1885)では、彼の政治的体験が躍動する文章となって読者を魅了し、このため後年(1902)ノーベル文学賞を受賞した。また多数の協力者を得て編集した『ラテン碑文集成』、『ローマ公法』(三巻・1871~88)、『ローマ刑法』(1889)その他の業績は、ニーブールのあと、近代におけるローマ史研究の礎石を据えた歴史家としての地位を不動のものとした。[木谷 勤]
『ヴェーラー編、ドイツ現代史研究会訳『ドイツの歴史家 第一巻』(1982・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモムゼンの言及

【金石学】より

…刻文年代は前7世紀末から古代末期にいたるが,帝政初期への集中がかなり著しい。ラテン碑文学は,モムゼンの首唱のもとに19世紀ドイツで企てられたラテン語金石文の集成《コルプス・インスクリプティオヌム・ラティナルムCorpus Inscriptionum Latinarum》(1863‐ )の刊行によって,その基礎が築かれた。ラテン碑文の場合,刻文形式のうえで目を引くのは,省略記号を頻用することと,文の定型化が著しいことである。…

※「モムゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モムゼンの関連キーワードモヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカウィラモウィッツ・メーレンドルフシュレスウィヒ・ホルシュタインシュレースウィヒ11月30日フリーシー族ジュリアンウィルケン西洋古典学チベリウスニーブール法制史貨幣

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モムゼンの関連情報