コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヨロ貝塚 もよろかいづか

5件 の用語解説(モヨロ貝塚の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

もよろかいづか【モヨロ貝塚】

北海道網走市最寄もよろにある貝塚・集落跡・墓地。竪穴住居、縄文土器・続縄文土器・擦文土器・オホーツク式土器・骨角器・鉄器が出土。オホーツク文化期の埋葬人骨も多数出土。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モヨロ貝塚【モヨロかいづか】

北海道網走市の網走川河口の砂丘にあるオホーツク文化の遺跡(史跡)。貝層には,屈葬にした上にオホーツク式土器をかぶせた墓が含まれており,竪(たて)穴も多数存在した。
→関連項目網走[市]網走国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モヨロかいづか【モヨロ貝塚】

北海道網走市の網走河口付近の左岸台地上にある,オホーツク文化の代表的な遺跡。現状では十数個の竪穴群と,墓地と重複した貝塚がみられる。竪穴は明治時代から知られていたが,貝塚は大正時代以降米村喜男衛らの調査研究するところとなり,1936年には,それまでの成果に基づき史跡に指定された。当時,竪穴は27個残存し,南東部のオホーツク文化に属す1~14号と,北西部の続縄文時代のものとみなされる15~27号との2群をなしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

モヨロかいづか【モヨロ貝塚】


最寄貝塚(もよろかいづか)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モヨロ貝塚
もよろかいづか

北海道網走(あばしり)市にある住居址(し)、墓、貝塚からなるオホーツク文化期の集落遺跡。網走川がオホーツク海に注ぐ北岸の砂丘地に位置する。明治中ごろから学界に知られていたが、大正初期より米村喜男衛(きおえ)による調査研究と保護活動の結果、広く世に知られるようになった。1947、48、51年(昭和22、23、26)には、東京大学、北海道大学、網走市立郷土博物館の共同調査が行われ、貝塚の一部と竪穴(たてあな)住居址数基が発掘された。住居址群のうち上流の小型住居址群は縄文時代晩期から続縄文時代のもので、河口部の大型住居址群はオホーツク文化期に属する。貝塚はオホーツク文化期が主体で、その中および下からはオホーツク文化期の墓が検出されている。墓からは北西頭位の仰臥屈葬(ぎょうがくっそう)人骨がみいだされ、モヨロ貝塚人として知られる。出土土器は、砂粒を多く含む甕(かめ)形、壺(つぼ)形で、口縁部や胴上半部に細い粘土紐(ひも)を数段にわたって貼(は)り付けたいわゆる「そうめん文」が代表的である。ほかに多くの金属器、石器、骨角器がある。特徴的な金属器では、切っ先が三角形になる鉄製の直刀や蕨手刀(わらびてとう)、小刀、鉾(ほこ)、斧(おの)があり、また大陸伝来と考えられる青銅や銅製の鈴がある。1936年(昭和11)国の史跡に指定された。[野村 崇]
『駒井和愛編『オホーツク海岸・知床半島の遺跡 下巻』(1964・東京大学出版会) ▽米村喜男衛著『モヨロ貝塚資料集』(1950・野村書店) ▽米村喜男衛著『モヨロ貝塚――古代北方文化の発見』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモヨロ貝塚の言及

【オホーツク文化】より

…しかし同時に,豚の骨も出土し,豚飼育民でもあり,骨鍬などの出土から簡単な菜園耕作民であったことも推測されている。 網走市モヨロ貝塚では共同墓地も発見され,北西に頭位を向けた屈葬が主体で,頭部被甕の例もある。これらの埋葬人骨は,アイヌ系ではなくアレウト族に形質的に類似するとかつて考えられていたが,最近ではアムール下流域のウリチ族に近いという説が出されている。…

【祭祀遺跡】より

… 狩猟祭祀の遺跡としては,ヨーロッパ旧石器時代の壁画洞窟・岩陰が顕著な存在であって,獲物の身に槍がささった状況を表す表現があるだけでなく,踊りまわったネアンデルタール人たちの足跡が床面に鮮明に残っている遺跡(フランスのテュク・ドードゥベールTuc d’Audouber洞窟,後期旧石器時代)もある。洞窟内にクマの頭骨を集積した実例(スイスのドラッヒェン洞窟Drachenloch)は,日本の縄文文化の,イルカの頭骨を半円形に配したもの(釧路市東釧路貝塚),イノシシ(幼獣が多い)の下顎骨のみ118頭分を穴に埋めたもの(山梨県金生(きんせい)遺跡),オホーツク文化のクマの頭骨を祭壇上に集めたもの(網走市モヨロ貝塚)と同様,狩猟祭祀との関連が説かれている。 農耕祭祀にかかわるものとしては,西アジアの初期新石器時代の集落に,独立した建物(パレスティナのイェリコ遺跡),あるいは建物の一部(トルコのチャタル・ヒュユク遺跡)が祠堂として使われたものがある。…

※「モヨロ貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モヨロ貝塚の関連キーワード北海道網走市桂町北海道網走市駒場北海道網走市栄北海道網走市潮見北海道網走市新町北海道網走市東網走北海道網走市平和北海道網走市明治北海道網走市藻琴北海道網走市呼人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モヨロ貝塚の関連情報