コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテ=クリスト伯 モンテ=クリストはくLe Comte de Monte-Cristo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテ=クリスト伯
モンテ=クリストはく
Le Comte de Monte-Cristo

フランスの作家アレクサンドル・デュマ (ペール) の小説。 1844~45年刊。主人公エドモン・ダンテスは偽りの密告によって,14年間シャトー・ディフの牢獄に幽閉されるが,からくも脱走に成功。モンテクリスト島の莫大な宝を手に入れて,その富の力によってパリの上流社会に乗出し,かつて彼を陥れた悪人どもに復讐するという大冒険譚。この小説は大変な人気を博して,48年には作者自身の手によって劇化された。日本でも『巌窟王』 (黒岩涙香訳) の名で早くから親しまれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンテ=クリスト伯の関連キーワードマウン・インマウンモンテクリスト伯アリー・パシャ新聞小説イフ島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android