コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテクリスト伯 モンテクリストハク

デジタル大辞泉の解説

モンテクリストはく【モンテクリスト伯】

《原題、〈フランス〉Le Comte de Monte-Cristo大デュマの長編小説。1844~1845年刊。無実の罪で投獄された青年エドモン=ダンテスが脱獄してモンテクリスト島の宝を手に入れ、モンテクリスト伯と名のり、復讐計画を次々に実行する。日本では黒岩涙香(くろいわるいこう)の翻案「巌窟王」でも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モンテクリストはく【モンテクリスト伯】

デュマの長編小説。1844~45年刊。無実の罪で投獄されたエドモン=ダンテスが、脱獄後、巨万の財宝を手に入れ、モンテ=クリスト伯と名乗って、仇敵に次々と復讐を果たす。 → 巌窟王

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

モンテクリスト伯の関連キーワード閉じ込め症候群山像かおり石原絵理林田一高飢餓海峡浅海彩子椎原克知栗田桃子鬼頭典子デュマイフ城松井工

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンテクリスト伯の関連情報