コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンロビア モンロビア Monrovia

翻訳|Monrovia

7件 の用語解説(モンロビアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンロビア
モンロビア
Monrovia

アメリカ合衆国カリフォルニア州の南西,サンガブリエル山脈のふもとにある都市。ロサンゼルスの北東約 25km,標高約 170mに位置する。付近一帯は柑橘類の産地で,家畜の飼育も行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンロビア
モンロビア
Monrovia

リベリアの首都。港湾都市。同国南西部,大西洋に臨む。 1822年アメリカで解放された奴隷の入植地として合衆国植民協会が建設。地名はアメリカ合衆国第5代大統領 J.モンローにちなむ。 1948年ブッシュロド島に新港が完成,西アフリカ最初の自由港となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モンロビア(Monrovia)

アフリカ西部、リベリア共和国の首都。大西洋に面する港湾都市。1822年に米国で解放された黒人が入植して建設。米国大統領モンローにちなむ名。人口、行政区42万(1984)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モンロビア

リベリアの首都。大西洋に臨む港湾都市で,自由港。ゴム,鉄鉱石の積出港。諸官庁,大学(1862年創立)がある。1822年米国の解放奴隷植民地として創設され,名は当時の米国大統領モンローにちなむ。
→関連項目サーリーフボウィーリベリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モンロビア【Monrovia】

西アフリカリベリア共和国の首都。人口66万8000(1990)。セント・ポール川河口の大西洋岸にある港湾都市(自由港)で,内陸に通じる鉄道,道路の起点でもあり,郊外に国際空港がある。主要輸出品はゴムと鉄鉱石である。国内農林生産物の集散地で各種軽工業も発達し,1862年開校のリベリア大学その他の教育・文化施設もある。1822年にアメリカ植民協会によって,合衆国や西インド諸島からの解放奴隷の入植地の基地として建設され,当時のアメリカ大統領J.モンローの名にちなんでこの名がつけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モンロビア【Monrovia】

リベリア共和国の首都。大西洋に面する港湾都市。ゴム・鉄鉱石を輸出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンロビア
もんろびあ
Monrovia

西アフリカ、リベリアの首都。同国西部、セント・ポール川河口に位置する。大西洋に面する港湾都市で、リベリアの政治、経済、貿易、交通の中心地である。人口47万9000(1999)。1822年にアメリカの解放奴隷がアメリカ植民協会として入植、建設した。地名は当時のアメリカ大統領モンローにちなむ。第二次世界大戦中にアメリカ軍によって港湾施設が改築されてから急速に発展した。1961年、旧フランス領の国を中心としたアフリカ諸国が、この地で国際会議を開き、穏健な汎(はん)アフリカ主義的対外経済政策を決定した。そのため同会議への参加国をモンロビア派という。セメント、建設資材、家具、食品加工などの工業が立地し石油精製所もある。東方80キロメートルにロバーツ国際空港がある。[中村弘光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンロビアの関連キーワードガボローネギニアシエラレオネナミビアマプトリベリアベニン南アフリカハラーレ中央アフリカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンロビアの関連情報