コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリー モーリー Maury, Jean Siffrein

12件 の用語解説(モーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリー
モーリー
Maury, Jean Siffrein

[生]1746.6.26. ボークルーズ,バルレア
[没]1817.5.11. ローマ
フランスの聖職者。聖者,聖職者をたたえる演説でその雄弁が認められ,1785年アカデミー・フランセーズ会員となった。 89年全国三部会議員。フランス革命が勃発すると,絶対王政の擁護者として国内にとどまり,憲法制定国民議会にあって,教会財産の没収,「僧侶民事基本法」,ユダヤ人の市民的平等の確立に精力的に反対。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーリー
モーリー
Maury, Matthew Fontaine

[生]1806.1.14. バージニア,スポットシルバニア
[没]1873.2.1. バージニア,レキシントン
アメリカ海軍軍人,海洋学者,地理学者。 1825年海軍に入り,39年負傷後陸上勤務となり,海軍水路部に勤務。海洋上の風向,風速および海流の統計調査を行なったが,この成果は世界の航海業者に対して多大の利便を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーリー
モーリー
Morley, Christopher (Darlington)

[生]1890.5.5. ペンシルバニア,ハバフォード
[没]1957.3.28. ニューヨーク,ロズリンハイツ
アメリカの詩人,小説家。ハバフォード大学卒業。種々の新聞,雑誌を編集したのち,1924年『サタデー・レビュー』 Saturday Review of Literatureを創刊。 41年まで同誌の編集にあたり,かたわら詩,小説,戯曲,随筆などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーリー
モーリー
Morley, Edward Williams

[生]1838.1.29. ニュージャージー,ニューアーク
[没]1923.2.24. コネティカット,ウェストハートフォード
アメリカ合衆国の化学者。神学校に学び牧師を志したが,余暇に研究していた化学方面の仕事が認められ,1869年オハイオ州クリーブランドのウェスタン・リザーブ大学教授となった。酸素と水素の質量比の精密測定に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーリー
モーリー
Morley, John, Viscount Morley

[生]1838.12.24. ランカシャー,ブラックバーン
[没]1923.9.23. ウィンブルドン
イギリスの伝記作家,政治家。インド担当国務大臣在任中 (1905~10) ,「モーリー=ミントー改革」を行うなど,政界で活躍して枢要な地位を占めるかたわら,文筆活動を行なった。ボルテール,J.-J.ルソー,E.バーク,R.コブデン,O.クロムウェルらの伝記を書いたが,なかでも『グラッドストン伝』 Life of Gladstone (3巻,03) が重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーリー
モーリー
Morley, Thomas

[生]1557/1558. ロンドン
[没]1603. ロンドン
イギリスの作曲家,オルガン奏者,音楽理論家。 W.バードの弟子。オックスフォード大学を卒業後,1591年セント・ポール大聖堂のオルガン奏者となった。 92年王室礼拝堂に仕え,98年には音楽出版に関する独占権を得て,自身の曲や同時代の作曲家たちの作品も多く出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

モーリー

広島県でおもに活動する地域キャラクター。ひろしまの森林(もり)づくりフォーラム事務局所属。

モーリー

青森県で主に活動する地域キャラクター。2009年登場。鉄道職員の帽子をかぶった青い木。第三セクター運営の青い森鉄道のイメージキャラクターとして、公募により制作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モーリー【Alfred Maury】

1817‐92
フランスの学者。フランス学士院副司書官,国立史料館館長等を歴任。1862年以後ミシュレの後を継いでコレージュ・ド・フランスで歴史と倫理学を講じた。研究領域は宗教史,神話学,心理学,言語学,地理学等,多岐にわたっている。著書は《魔術と占星術》(1860),《中世の信仰と伝承》(1896)その他。《睡眠と夢》(1861)は,夢の詳細な記録と分析によってS.フロイトの先駆とみなされる。【有田 忠郎】

モーリー【Sylvanus Griswold Morley】

1883‐1948
アメリカのマヤ考古学者。ペンシルベニア州チェスター生れ。ペンシルベニアミリタリーカレッジ土木工学を学び,のち考古学者の道を歩む。主としてワシントンカーネギー研究所によるチチェン・イッツァ遺跡調査をはじめ,多くのマヤ遺跡の調査を手がけた。生粋のフィールド考古学者で,J.E.S.トンプソンと並んでマヤ学の基礎を築いた。主著に《コパン遺跡の碑文》(1937‐38),《古代マヤ》(1946)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モーリー【Matthew Fontaine Maury】

1806~1873) アメリカの海軍士官・海洋学者。海洋気象観測の国際的規格統一、協力システムの確立に尽力。

モーリー【Morley】

〔Edward Williams M.〕 (1838~1923) アメリカの化学者・物理学者。気圧・密度・膨張などについて研究。光速度測定の実験からエーテルの存在を否定した。
〔Thomas M.〕 (1557?~1602) イギリスの作曲家・音楽理論家。英詩によるマドリガルを確立。1597年の対話形式による理論書「平易な実践音楽入門」は当時の音楽実践と理論の史料として重要。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーリーの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーリーの関連情報