コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤエムグラ

百科事典マイペディアの解説

ヤエムグラ

アカネ科の二年草。アジア〜ヨーロッパ,アフリカ温帯に広く分布し,平地にはえる。茎は4稜があり,長さ1m,稜には下向きとげがあり,細い倒披針形の葉を数枚輪生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤエムグラ【Galium spurium L.var.echinospermon (Wallr.) Hayek】

山野にごく普通なアカネ科一年草または二年草で,庭や畑にも多い(イラスト)。古い時代にヤエムグラといわれたのは本種ではなく,アサ科のカナムグラとする説がある。茎は四角く,小さい逆刺があり他物にからまって伸び,長さ1mに達する。葉は線形で,長さ1~3cm,6~8枚が輪生状につく。葉にも逆刺があり衣服につきやすく,輪生葉を勲章などとして遊ぶ。5~6月ころ,枝の先に小花を多数つける。花冠は淡黄緑色,先は4裂し,直径2mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤエムグラ
やえむぐら / 八重葎
[学]Galium spurium L. var. echinospermon (Wallr.) Hayek

アカネ科の一年草または越年草。茎はよく分枝し、4稜(りょう)がある。稜に生える下向きの刺(とげ)が、他物に絡まって伸び、60~90センチメートルになる。葉は6~8枚が輪生し、狭い披針(ひしん)形で長さ1~3センチメートル。輪生する葉のうち、腋(えき)から枝を出す2枚が本当の葉で、ほかは托葉(たくよう)が葉状になったものである。5~6月、葉腋や茎の先に多数の小さい花をつける。花冠は径1ミリメートル、黄緑色で4裂する。果実は二つの球がくっついたようになっていて、二つに割れ、鉤(かぎ)状の刺により衣服などについて散布される。北海道から沖縄の、人家の近くの藪(やぶ)、畑などに生える。アジア、ヨーロッパ、アフリカに広く分布する。[福岡誠行]

文化史

ヤエムグラの名は『万葉集』の巻11に2首詠まれ、「八重六倉(やへむぐら)おほへる小屋(をや)」などと、自分の家を卑下する描写に使われている。恵慶(えぎょう)法師は「八重葎(やへむぐら)茂れる宿の寂しきに人こそ見えね秋は来にけり」(『拾遺(しゅうい)和歌集』)と詠み、秋に茂るヤエムグラを取り上げる。現在のヤエムグラは越年一年草で、春には繁茂するが、夏に枯れ、秋は目だたない。『万葉集』には、単にムグラも「牟具良生(むぐらふ)のきたなき屋戸(やど)」(巻4)、「牟具良はふいやしき屋戸」(巻19)と、ヤエムグラ同様に用いていることからして、いにしえのヤエムグラは特定の植物ではなく、重なりあって茂った雑草とする見方がある。また、秋に茂るアサ科のカナムグラをあてる説もある。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤエムグラの関連キーワードオオバノヤエムグラクルマバソウ史前帰化植物フタバムグラキヌタソウ美曽無久良ホウジャクつる植物溝葎鳥草車草

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android