コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤエヤマヤシ Satakentia liukiuensis (Hatsushima) H.E.Moore

世界大百科事典 第2版の解説

ヤエヤマヤシ【Satakentia liukiuensis (Hatsushima) H.E.Moore】

琉球諸島に自生する1属1種のヤシ科の高木で,高さ15~20m,直径20~30cmに達する。幹は平滑で環紋がある。葉は羽状全裂で,長さ約5m,裂片は多数,革質で,線状剣形,長さ60~70cm,先端は浅く2裂し,両面は緑色,第2次脈は各側2~3対。肉穂花序は最下葉鞘(ようしよう)の基部から出て,やや下垂し,掌状に分岐して開出し,長さ約1m。花は雌雄同株雌花は花序の下部に,雄花上方につく。果実は果序の軸に水平につき長楕円形,赤く熟し,長さ約1.3cm,中果皮は繊維質。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤエヤマヤシ
やえやまやし
satakentia palm
[学]Satakentia liukiuensis H. E. Moore, Jr. (Gulbia liukiuensis) Hatsushima

ヤシ科ヤエヤマヤシ属、1属1種のヤシ。台風圏のヤシで、強靭(きょうじん)性に富み、60メートル以上の強風にもよく耐える。属名のサタケンチャでよばれることが多い。サタケンチャは命名者である佐竹利彦にちなみ、ヤエヤマヤシは原産地である八重山(やえやま)列島にちなむ。幹は単一で直立し、高さ15~20メートル、径25~30センチメートル、根元は肥大する。幹肌は淡灰褐色で、浅い環紋(葉痕(ようこん))が残る。葉は全裂羽状葉で披針(ひしん)形、長さ4~5メートル、濃い鮮緑色で光沢がある。小葉羽片は93対あり、長さ24センチメートル、幅3.5センチメートル。葉柄は光沢のある緑色できわめて短く、長さ8~10センチメートル、末端から6番目の小葉は長さ38センチメートル、中央部の小葉は長さ55~70センチメートル、幅3~4センチメートル。小葉は整然と並び、先端が鋭くとがり垂下し、優美である。葉鞘(ようしょう)に特徴があり、比較的短く光沢があり、下部は暗紫色、上部になるにつれて緑色に変わる。この色彩の変化は大形のヤシ類では例のない美しさを呈する。このため今日では、各国の植物園に導入され、観賞に供されている。肉穂花序は雌雄同株の単性花で数本発生し、強靭で幹から水平に発生する。包葉は先が鋭くとがった紡錘形で長さ1メートル。花柄は長さ60センチメートル、直線状の枝柄を放射状に分岐し箒(ほうき)に似ている。枝柄の分岐部近くに、雌花1個の両側に1個ずつの雄花がつく3個1組の集合花が多数生じ、先の方に向かって多数の雄花がつく。花は黄白色。雄花は長さ5ミリメートル、花弁は先がとがったスコップ状で長さ4ミリメートル。雄しべは6本で長さ4ミリメートル、葯(やく)は麦粒状で長さ3ミリメートル。不稔(ふねん)の雌しべが大きく長さ3.2ミリメートル、下部の径2ミリメートル、柱頭は丘状で花柱より大径である。雌花は長さ5~6ミリメートル、花弁は長さ2.5ミリメートル、外曲舌状の3枚の柱頭が上端に露出する。基部に6個の無葯の雄しべがある。果実は緑色でのちに黒色になり、わずかに先がとがった長楕円(だえん)形で長さ1.4~1.5センチメートル、径0.6センチメートル、やや曲がっている。種子は褐色で、ササゲ様の模様がある。胚乳(はいにゅう)は半透明の乳色で、胚は底部にある。栽培は鉢植え、露地植えともに適する。栽培温度は7℃以上。[佐竹利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤエヤマヤシの関連キーワード沖縄県石垣市桴海西表石垣国立公園マリュドゥの滝八重山諸島沖縄(県)琉球諸島仲間川石垣島西表島石垣市

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤエヤマヤシの関連情報