ヤギエウォ大学(読み)ヤギエウォだいがく(英語表記)Uniwersytet Jagielloński w Krakowie

世界大百科事典 第2版「ヤギエウォ大学」の解説

ヤギエウォだいがく【ヤギエウォ大学 Uniwersytet Jagielloński w Krakowie】

クラクフにあるポーランド最古の大学で,中ではプラハカレル大学に次ぐ。通称クラクフ大学。1364年創立。創立者はピアスト朝カジミエシュ3世(大王)。創立当時の名称はクラクフ学院Akademia Krakowska。ヤギエウォ朝の下で大きく発展したので現名称で呼ばれる。1400年にパリ大学をとして改組,本格的な活動を開始し,すでに15世紀前半に法律学の分野ですぐれた教授陣を擁し,新しい学問的・哲学的潮流に開明的態度をとって国際的注目を浴びた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大学事典「ヤギエウォ大学」の解説

ヤギエウォ大学[ポーランド]
ヤギエウォだいがく

ポーランド最古の大学。クラクフにあり,クラクフ大学(ポーランド)ともいわれる。1364年にピアスト朝のカジミエシュ3世が創設したスラヴ人による最初の大学で,15世紀はラテン語を教授言語にしてヨーロッパ中の学生を集めた。天文学者のコペルニクスが学んだことでも知られる。ポーランドが独立した1918年以後,ポーランドの教育・研究の拠点となるが,ナチス・ドイツ支配下で閉鎖されると「地下大学(ポーランド)」を組織して抵抗した。第2次世界大戦後はソ連の統治下で社会主義体制に組み込まれたが,ポーランドの民族的独自性を守ったことで知られている。その後の民主化運動,とりわけ1980年代の「連帯」運動の一翼を形成してポーランドの民主化に寄与した。ポーランドを代表する国立の総合大学であり,著名な出身者にコペルニクスのほか,第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世,作家のスタニスラフ・レム,ノーベル文学賞を受賞した詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカなどがいる。2017年現在16学部,学生数約4万人。
著者: 加藤一夫

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

百科事典マイペディア「ヤギエウォ大学」の解説

ヤギエウォ大学【ヤギエウォだいがく】

クラクフ大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android